初めての方へ
TEL

朝起きれない症状は起立性調節障害の可能性があります。 | さとう接骨院|那珂市・ひたちなか市・水戸市

Blog記事一覧

月別アーカイブ
カテゴリ一覧

朝起きれない症状は起立性調節障害の可能性があります。

2024.06.11 | Category: 起立性調節障害



さとう接骨院です。
本日のブログでは起立性調節障害の症状と対策について詳しく解説をしていきます。

起立性調節障害とは?

起立性調節障害(Orthostatic Dysregulation, OD)とは、体位の変化、特に立ち上がる際に自律神経系の調節がうまくいかず、めまいや動悸、疲労感などの症状が現れる疾患です。この疾患は主に思春期の子供や青年に見られますが、大人にも発症することがあります。

  • めまい: 特に立ち上がったときに感じる。
  • 動悸: 心拍数が急激に上がる。
  • 疲労感: 日常的に強い疲れを感じる。
  • 頭痛: 頻繁に頭痛を感じることがある。
  • 集中力の低下: 学校や仕事に集中できない。
  • 朝起きられない: 朝の起床が難しい。

朝起きれない症状等は本人の問題ではなく、身体が不調をきたしている可能性もありますので気になる症状がありましたらすぐに専門医療機関に相談をしてください。



起立性調節障害の原因と対策について

起立性調節障害の正確な原因はまだ完全には解明されていませんが、自律神経系の機能不全が関与していると考えられています。自律神経系は体の様々な機能を調節する役割を担っており、特に心臓や血圧の調整に重要です。当院では自律神経に乱れがないか検査や問診で確認し、神経のバランスを整えることで症状の早期改善を目指しております。

  • 問診:徹底した問診で症状の原因を特定
  • 検査:徒手検査で自律神経の乱れ等を確認
  • 整体:体のバランスを整えることで代謝を改善
  • 日常生活のアドバイス:日常生活での留意事項をアドバイス



尿漏れと頻尿は改善できる症例!?

2024.05.27 | Category: 頻尿、尿漏れ



さとう接骨院です。
本日のブログでは頻尿と尿漏れの症状と対策について詳しく解説をしていきます。
尿漏れと頻尿は改善できる症例になります。

頻尿とは?

頻尿(ひんにょう)とは、通常よりも頻繁に排尿する状態を指します。これは、昼間や夜間に限らず、日中と夜間の両方で起こることがあります。一般的に、頻尿の基準は以下の通りです

【日中の頻尿】
通常、成人が日中に排尿する回数は6~8回程度ですが、これを大きく超える場合、頻尿とされます。
夜間頻尿(夜間多尿):通常、夜間に一度もしくは一度以下の排尿が一般的ですが、夜間に二度以上起きて排尿する場合、夜間頻尿とされます。
頻尿の原因はさまざまで、以下のようなものが含まれます。

  • 泌尿器系の疾患:尿路感染症(膀胱炎、腎盂腎炎など)、前立腺肥大、膀胱過活動症など。
  • 全身性疾患:糖尿病、心不全、高カルシウム血症など。
  • 生活習慣:過剰な水分摂取、カフェインやアルコールの過剰摂取。
  • 心理的要因:ストレスや不安。

これらの症状は個々の症例によって異なり、進行具合や症状の程度によっても異なります。早期の診断と適切な治療が重要です。



尿漏れとは?

尿漏れ(尿失禁)とは、意図しない尿の排出が起こる状態を指します。これは年齢や性別に関係なく、さまざまな原因で発生する可能性があります。尿漏れは生活の質に大きな影響を与えることがあるため、理解と適切な対応が重要です。尿漏れにはいくつかの種類があり、それぞれ異なる原因と対策があります。

【尿漏れの種類】
腹圧性尿失禁(ストレス尿失禁)
原因:咳、くしゃみ、笑い、運動などで腹圧が上昇した際に尿が漏れる。骨盤底筋の弱化や出産、肥満、加齢が原因となることが多い。
対策:骨盤底筋体操(ケーゲル体操)、骨盤底筋を強化するためのリハビリ、場合によっては手術。

切迫性尿失禁(尿意切迫症)
原因:急に強い尿意を感じ、トイレに間に合わない。膀胱過活動症や神経疾患(例えばパーキンソン病、脳卒中)によることが多い。
対策:膀胱訓練、薬物療法(抗コリン薬、β3アドレナリン受容体作動薬)、生活習慣の改善。

溢流性尿失禁
原因:膀胱が完全に空にならないために起こる。前立腺肥大、膀胱の神経障害(糖尿病など)、尿路の閉塞などが原因。
対策:原因となる障害の治療、カテーテルの使用、場合によっては手術。

機能的尿失禁
原因:身体的、精神的な障害によりトイレに行くのが難しいために起こる。認知症や身体障害などが原因。
対策:介助、環境整備、排尿のスケジュール化。



頻尿と尿漏れの予防と対策について



頻尿と尿漏れの対策について、それぞれの症状に応じた具体的な方法を以下にまとめます。

【頻尿の対策】

生活習慣の改善
水分摂取の管理:1日の適切な水分摂取量を確認し、過剰な摂取を避ける。
カフェインとアルコールの制限:これらは利尿作用があるため、頻尿を悪化させる可能性があります。
規則正しい排尿習慣:一定の時間にトイレに行く習慣をつけ、膀胱の訓練を行う。

膀胱訓練
排尿スケジュールの設定:最初は1時間おきにトイレに行き、徐々に間隔を延ばす方法。
遅延戦略:尿意を感じたときにすぐにトイレに行かず、少し我慢することで膀胱の容量を増やす訓練。

骨盤底筋訓練
ケーゲル体操:骨盤底筋を鍛えることで、尿意のコントロールを改善する。具体的には、骨盤底筋を収縮させて10秒間保持し、その後リラックスする。これを1セットとして、1日3セット行う。

薬物療法
医師の指導のもと、頻尿の原因に応じて抗コリン薬、β3アドレナリン受容体作動薬などを使用する。

その他の治療法
電気刺激療法:骨盤底筋を電気的に刺激し、筋力を強化する方法。
バイオフィードバック:専用の機器を使って骨盤底筋の動きを視覚化し、効果的な訓練を行う。

尿漏れの対策

生活習慣の改善
体重管理:肥満は骨盤底筋への負担を増加させるため、適正体重を維持することが重要。
飲食物の調整:カフェイン、アルコール、炭酸飲料、スパイシーな食べ物などの摂取を控える。

骨盤底筋訓練
ケーゲル体操:骨盤底筋を強化することで、腹圧性尿失禁の予防と改善に役立つ。

膀胱訓練
排尿スケジュールの設定:頻尿と同様に、定期的にトイレに行く習慣をつける。

行動療法
トイレの準備:トイレへのアクセスを容易にし、急な尿意に対応しやすくする。
防水シートや吸収パッドの使用:夜間や外出時の安心のために使用。

薬物療法
医師の指導のもと、尿失禁の原因に応じて抗コリン薬や局所エストロゲン療法などを使用する。

手術療法
重度の尿失禁に対しては、スリング手術や膀胱拡大術などの手術が検討されることがあります。

専門医への相談

頻尿や尿漏れが続く場合、または生活に支障をきたしている場合は、泌尿器科や婦人科の専門医に相談することが重要です。医師は症状に応じた適切な診断と治療法を提供し、生活の質を改善するためのサポートを行います。また当院でも頻尿、尿漏れの症状改善を改善するための専門治療(最新の医療機器を活用した専門治療)を提供しております。少しでも症状が気になる方はぜひ当院にご相談下さい。

脊柱管狭窄症を改善する

2024.05.05 | Category: 脊柱管狭窄症



さとう接骨院です。
本日のブログでは脊柱管狭窄症の症状と対策について詳しく解説をしていきます。

脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)は、脊柱管が狭窄(きょうさく)し、そこを通る神経や脊髄が圧迫される状態を指します。脊柱管は、脊椎の骨と椎間板で形成される管であり、脊髄や神経根が通る通路です。脊柱管狭窄症では、この脊柱管が狭くなり、通る神経構造が圧迫されることで、痛みやしびれ、筋力の低下などの症状が引き起こされます。

脊柱管狭窄症は、加齢や脊椎の変形、椎間板の変性、骨棘(こつきょく)の形成などによって引き起こされることがあります。これらの要因が脊柱管の狭窄を引き起こし、周囲の神経組織に圧迫をかけることで、症状が現れます。脊柱管狭窄症は、腰椎や頚椎などの部位で発生することがあります。



脊柱管狭窄症の主な症状について

脊柱管狭窄症の主な症状を以下にまとめます。

  • 腰や首、背中の痛み:特に活動時に痛みが強くなることがあります。
  • 下肢や上肢のしびれや感覚異常:神経の圧迫によって起こります。
  • 足のしびれや弱さ:特に歩行時や立ち上がるときに現れます。
  • 歩行困難:足の感覚や筋力の低下によって引き起こされます。
  • 脚の痛みや痺れ:特に下半身に痛みや痺れが生じます。
  • 腰や首の硬直感:動作範囲が制限されることがあります。
  • 立ち上がりや歩行に困難を感じること:脊柱管狭窄症が進行すると、これらの動作が困難になることがあります。
  • 尿失禁や便失禁:神経圧迫によって排泄機能が影響を受けることがあります。
  • 性機能の低下:脊髄神経の圧迫によって性機能に問題が生じることがあります。
  • これらの症状は個々の症例によって異なり、進行具合や症状の程度によっても異なります。早期の診断と適切な治療が重要です。



    脊柱管狭窄症の予防と対策について



      脊柱管狭窄症の予防や対策には以下のようなものがあります。

    • 適切な姿勢の維持:正しい姿勢を保つことで、脊柱や関節への負担を軽減し、狭窄のリスクを減らすことができます。長時間の座位や立位の場合、姿勢を変えることが大切です。
    • 適度な運動:筋力トレーニングや柔軟性向上のための運動を行うことで、脊柱や関節の強度を維持し、狭窄のリスクを減らすことができます。ただし、脊椎への負荷が大きい運動は慎重に行う必要があります。
    • 体重管理:過体重や肥満は脊柱や関節に余分な負担をかけるため、体重を適切に管理することが重要です。健康的な食事と運動を組み合わせて体重をコントロールしましょう。
    • 適切なリフティングテクニックの使用:物を持ち上げる際には、脊柱に負荷をかけないようなリフティングテクニックを使用することが重要です。両手を使い、脊柱をまっすぐに保ち、脚を使って力を入れるようにしましょう。
    • 休息とストレッチ:長時間の同じ姿勢を続けないようにし、定期的に休息とストレッチを取ることで筋肉の疲労を軽減し、脊柱の負担を減らすことができます。
    • 喫煙の避ける:喫煙は椎間板の血液循環を悪化させ、椎間板の変性を促進することが知られています。喫煙者は脊柱管狭窄症のリスクが高まる可能性があるため、禁煙を心がけることが重要です。
    • これらの予防策や対策は、脊柱管狭窄症の発症や進行を防ぐために役立ちます。また、定期的な医師の診断や健康管理も重要です。

    当院では最新の医療機器を用いた脊柱管狭窄症の症状改善を得意としております。少しでも気になる症状がございましたら是非当院にご相談下さい。

腰椎椎間板ヘルニアの早期改善

2024.04.18 | Category: ヘルニア



さとう接骨院です。
本日のブログではヘルニアの症状と対策について詳しく解説をしていきます。
ヘルニアという言葉は皆様も一度は耳にされたことがあると思います。まずはヘルニアの意味について以下をご確認下さい。

ヘルニアとは?

ヘルニアは、通常、内臓が本来あるべき位置から脱出する際に発生する状態です。一般的には、腹壁の弱い箇所や穴を通って内臓が突き出ることで起こります。最も一般的なヘルニアは、腹部の腹壁の弱い箇所から腸が突出する腹壁ヘルニアです。他にも、鼠径部ヘルニア(股ヘルニア)、股関節ヘルニア、椎間板ヘルニアなどがあります。ヘルニアはしばしば軽度な不快感や痛みを引き起こしますが、深刻な場合には手術が必要なこともあります。



腰椎椎間板ヘルニアとは?

ヘルニア症状を患っている方の中で、当院がケアを行うことができる症状が腰椎椎間板ヘルニアとなります。正確にはヘルニアの症状を改善するのではなく、ヘルニアの原因となっている筋肉や骨格の歪みを改善することで症状を緩和させていきます。

腰椎椎間板ヘルニアは、腰椎(背骨の下部)の間にある椎間板が破れ、その中から内部のゲル状の部分が外に突出する状態です。通常、椎間板は脊椎の骨同士の間にあって衝撃を吸収し、柔軟性を与える役割を果たしています。しかし、様々な要因によって椎間板が破れたり圧迫されたりすると、椎間板の内部のゲル状の部分が外に突出し、周囲の神経や組織を圧迫することで痛みやその他の症状を引き起こすことがあります。

腰椎椎間板ヘルニアの主な症状には、腰や臀部から下肢にかけての痛みやしびれ、筋肉の弱さ、感覚異常などがあります。これらの症状は患部の場所やヘルニアの大きさによって異なります。腰椎椎間板ヘルニアは、加齢や姿勢の問題、怪我、過度のストレスなどの要因によって引き起こされることがあります。

診断は、症状の詳細な評価、身体検査、画像検査(MRIやCTスキャンなど)によって行われます。治療法は、軽度の場合は安静と物理療法、薬物療法、注射、手術などがあります。個々の症状や状態に応じて、医師との相談のもとで適切な治療計画が立てられます。



当院では腰椎椎間板ヘルニアのケアも行っております

腰椎椎間板ヘルニアの症状を改善し、症状を管理するためのいくつかの対策があります。以下に示します。



  • 休息と適切な姿勢の維持:患部を休めることで症状の悪化を防ぎ、正しい姿勢を保つことで椎間板にかかる負荷を軽減できます。
  • 水泳やウォーキングなどの軽度の運動:低負荷で筋力を増強し、柔軟性を維持する運動は、腰椎椎間板ヘルニアの症状を改善するのに役立ちます。
  • 物理療法:理学療法や脊椎操作療法などの物理療法は、筋肉を強化し、姿勢を改善し、痛みを軽減するのに役立ちます。
  • 整体治療:体のバランスを整えることで筋肉の緊張が緩和され、痛みを軽減することが可能です。
  • 手術:重度の症状や痛みが持続する場合、手術が必要な場合があります。手術は最終手段として検討されるべきであり、他の治療法が効果的でない場合に行われます。
  • 体重管理:過体重は腰椎椎間板ヘルニアの症状を悪化させる可能性がありますので、健康的な体重を維持することが重要です。
    これらの対策は、医師や理学療法士との相談のもとで行うことが重要です。個々の症状や状態に合わせて適切な治療計画を立てることができます。

当院では最新の医療機器を用いてヘルニアの原因となっている筋肉の緊張を緩和させ、ヘルニア症状を軽減できるよう全力でサポートを致します。

マッサージでは交通事故のケガは改善できない!?

2024.04.09 | Category: 交通事故



さとう接骨院です。本日のブログでは「交通事故のケガはどのような施術が最も効果的なのか!?」について解説をしていきます。患者様から「マッサージをすると痛みは改善するの!?」と質問を受けることがございます。個人的な見解ではありますが、マッサージはリラックス効果はあるものの、根本から症状を改善するアプローチとは異なると考えております。

交通事故の治療に適さない理由

マッサージは一般的に多くの状況で効果的な治療法ですが、交通事故の治療には適さない場合があります。以下にその理由をいくつか挙げます。

  • 潜在的な損傷の可能性: 交通事故による怪我は、外見上は目立たない場合でも深刻な損傷を伴うことがあります。例えば、頸部の椎間板の損傷や神経の圧迫などが考えられます。このような状況では、マッサージによって悪化する可能性があるため、専門家による評価や適切な検査が必要です。
  • 炎症の存在: 交通事故の後、身体に炎症が起きることがあります。このような場合、マッサージは炎症を刺激してしまう可能性があり、悪化させる恐れがあります。
  • 適切な治療の欠如: 交通事故による怪我は、時にはマッサージだけでは十分な治療を提供することができません。適切な医学的管理、物理療法、またはその他の専門家による治療が必要な場合があります。
  • 後遺症のリスク: 交通事故による怪我が適切に治療されない場合、後遺症が残る可能性があります。これには慢性的な痛みや機能障害が含まれます。マッサージだけでなく、医師や理学療法士などの専門家による包括的な治療が必要です。

したがって、交通事故の後はまず医師や専門家に相談し、適切な治療プランを立てることが重要です。マッサージが含まれる場合でも、それが安全で効果的な治療として組み込まれるべきです。



適切な交通事故治療とは?

それでは反対に交通事故による怪我を改善するためには、どのような施術が適切なのでしょうか?個々の状況や症状に応じた包括的な治療が必要であると当院は考えております。以下は一般的に使用される治療法のいくつかです。



  • 医師の評価と管理: まず、交通事故後は医師の評価を受けることが重要です。医師は損傷の程度や治療の必要性を評価し、必要に応じて画像検査(X線、MRIなど)を行うことがあります。また、適切な治療プランを立てるための初期診断を提供します。
  • 安静と炎症管理: 損傷部位に対しては、安静にすることで回復を助けることが重要です。また、氷や冷却パックを使って炎症を抑えることも効果的です。
  • 物理療法: 物理療法士による治療は、筋肉や関節の強化、柔軟性の向上、姿勢の改善などに焦点を当てることがあります。マッサージ、ストレッチ、エクササイズ、電気刺激療法などが含まれる場合があります。
  • 整体治療: 身体のバランスを整えることで人間が本来もっている自然治癒力を高めることが可能です。
  • 薬物療法: 痛みや炎症の管理のために、医師は痛み止めや抗炎症薬を処方することがあります。ただし、これらの薬は一時的な症状の緩和に役立ちますが、根本的な治療ではありません。
  • 手術: 重度の損傷や合併症の場合、手術が必要になることがあります。手術は、損傷した組織の修復や安定化を目的として行われることがあります。
  • 心理的サポート: 交通事故は身体的な影響だけでなく、心理的な影響も与えることがあります。ストレス、不安、うつ症状などが現れる場合、心理的サポートやカウンセリングが役立つことがあります。

これらの治療法は、患者の状況や症状に応じて異なる場合があります。そのため、交通事故後は医師や専門家と緊密に連携し、個々のケースに適した治療プランを作成することが重要です。

最新医療機器で眼精疲労を改善

2024.03.27 | Category: 眼精疲労



さとう接骨院です。
本日のブログでは眼精疲労の症状と対策について詳しく解説をしていきます。

眼精疲労について

眼精疲労は、長時間のデジタルデバイスの使用、読書、運転、あるいは他の近視作業によって引き起こされる一般的な問題です。以下に、眼精疲労を改善し、その対策を講じるためのいくつかの方法をいくつか紹介します。

1.適切な休憩をとる: 長時間のスクリーン作業や読書の後は、20分に1回の休憩を取るようにしましょう。この休憩中には、目を離して遠くを見たり、ストレッチをしたり、目を閉じてリラックスしたりすると良いでしょう。

2.適切な照明と画面設定: 作業環境の照明を調整し、スクリーンの輝度やコントラストを調整して目の負担を減らします。また、デバイスの画面を清潔に保ち、眩しさを軽減するためにブルーライトカットフィルターを使用することも有効です。

3.適切な視力補正: もし視力が問題なら、適切なメガネやコンタクトレンズを使用してください。視力補正が正確であれば、目を酷使する必要がなくなります。

4.適度な眼の運動: 作業中に眼球を動かしたり、視点を変えたりする簡単な運動を行うことで、眼精疲労を軽減できます。例えば、時計回りと反時計回りに目を回す、遠くを見つめるなどです。

5.適切な姿勢とデバイスの配置: デバイスを使う際は、正しい姿勢を保ち、画面との適切な距離を保つようにしましょう。画面は眼の高さにあり、垂直方向に15〜20度下向きに配置すると、首や肩の負担が軽減されます。

6.良好な睡眠と栄養: 良好な睡眠を確保し、バランスの取れた食事を摂ることで、眼の健康を維持できます。特に、ビタミンA、C、E、オメガ3脂肪酸、ルテインなどの栄養素が目の健康に良いとされています。

眼精疲労の治療法について



眼精疲労の治療は、その原因や症状の程度によって異なります。一般的には、以下のような方法が使われます。

1.休息と眼のリラックス: 最も基本的な治療法は、目を休めることです。デジタルデバイスや近視作業の使用を避け、定期的な休憩を取り、目をリラックスさせることが重要です。

2.目薬: 眼精疲労による目の乾燥や不快感を緩和するために、人工涙液や目の保湿剤を使用することがあります。これらの目薬は、目の乾燥や炎症を和らげ、快適さを取り戻すのに役立ちます。

3.ブルーライトフィルター: デジタルデバイスから放出されるブルーライトは、眼精疲労の原因となることがあります。ブルーライトカットフィルターを使用することで、ブルーライトの影響を軽減し、目の疲れを軽減できます。

4.眼球マッサージやストレッチ: 目の周りの筋肉を緩和するために、眼球マッサージや目のストレッチを行うことが有効です。これにより、眼の血行が促進され、疲れや緊張が和らぎます。

5.眼科検査と処方箋: 眼精疲労が重度で持続的な場合は、眼科医による詳細な検査が必要です。視力の問題や眼の異常が見つかれば、処方箋が必要な場合があります。適切な眼鏡やコンタクトレンズを処方することで、眼精疲労の症状を軽減できます。

6.生活習慣の見直し: 適切な睡眠、バランスの取れた食事、定期的な運動など、健康的な生活習慣の確立が眼精疲労の管理に役立ちます。

眼精疲労の治療には個々の状況や症状に応じてアプローチを調整する必要があります。重度の症状が持続する場合や、症状が進行する場合は、眼科医に相談することが重要です。

当院でも眼精疲労の症状改善を得意としております



当院では眼精疲労の症状改善を図るために専門治療を提供しております。具体的には当院では眼精疲労の改善には体の血流(代謝)を改善することが大切であると考えており、体のバランスを整えるために筋肉へのアプローチを行います。最新医療機器を活用して、筋肉のバランスを整えることで代謝が改善し、目の疲れを減少させることができます。少しでも気になる症状を抱えておりましたら当院にご相談下さい。

頭痛や偏頭痛の症状を抱えていませんか?

2024.03.13 | Category: 未分類



さとう接骨院です。
本日のブログでは頭痛・偏頭痛の症状と対策について詳しく解説をしていきます。

頭痛

頭痛の原因はさまざまであり、以下に一般的な症例の一覧を示します。ただし、これらは診断や治療の代替手段ではありません。頭痛が持続する場合や症状が深刻な場合は、医療専門家に相談してください。

1.緊張性頭痛: ストレスや筋肉の緊張によって引き起こされる頭痛。通常は両側に生じ、圧迫感や重さを伴うことがあります。

2.片頭痛: 特定のトリガーによって引き起こされる慢性の頭痛。光や音に敏感になることがあります。

3.群発頭痛: 一時的な強い痛みを特徴とする頭痛。通常、同じ時間に毎日発生し、一連の「群」を形成します。

4.脳腫瘍: 脳内の腫瘍が圧迫や神経の異常を引き起こし、頭痛を引き起こす場合があります。他の症状も伴います。

5.脳出血: 脳内の出血が起こると、急激な頭痛や意識障害が生じることがあります。これは緊急の医療介入を必要とします。

6.炎症性疾患: 例えば、側頭動脈炎や脳の感染症などの炎症性疾患は、頭痛の一因となります。

7.高血圧: 高血圧が原因で頭痛が発生することがありますが、これは一般的ではありません。

8.頚椎症: 頚椎の問題が首や頭に放散性の痛みを引き起こすことがあります。

9.眼疾患: 視力の変化や眼の疾患が頭痛の原因となることがあります。

10.牙の問題: 歯や歯茎の問題が頭痛を引き起こすことがあります。

11.脳の血管異常: 血管奇形や血管瘤などの異常が頭痛を引き起こすことがあります。

12.薬剤性頭痛: 長期間の頭痛治療に用いられた鎮痛剤や薬物が、頭痛の増悪を引き起こすことがあります。

これらは一般的な症例の一部であり、個々の症例には異なる要因が関与する可能性があります。症状が持続する場合や痛みが慢性化する場合は、医療専門家に相談することが重要です。

当院は一次性頭痛の症状改善を得意としております



頭痛は大きく分けると一次性頭痛と二次性頭痛があります。二次性頭痛は病院で緊急手術が必要になります。少しでも気になる症状がありましたらすぐに病院に相談をしてください。反対に一次性頭痛は薬の処方だけでは根本から症状が改善することはないので当院での治療を推奨します。

頭痛の改善と予防



頭痛の改善と予防には以下のような方法があります。

1.ストレス管理: ストレスが頭痛のトリガーとなる場合、リラクゼーション技法やストレス軽減の方法を試してみましょう。瞑想、深呼吸、ヨガ、マインドフルネスなどが効果的です。

2.適切な睡眠: 十分な睡眠を確保し、規則正しい睡眠パターンを維持することが大切です。適切な睡眠環境を整え、睡眠不足を防ぎましょう。

3.ハイドレーション: 十分な水分を摂取し、脱水症状を予防します。特に暑い季節や運動後は水分補給を意識しましょう。

4.適切な姿勢: 正しい姿勢を保つことで、頭痛を軽減できることがあります。長時間のデスクワークやスマートフォンの使用時には姿勢を意識しましょう。

5.適度な運動: 運動は血液循環を促進し、ストレスを軽減する助けとなります。適度な運動を定期的に行いましょう。

6.健康的な食生活: 偏った食事や食品アレルギーが頭痛を引き起こすことがあります。バランスの取れた食事を心がけ、トリガーフードを避けることが重要です。

7.トリガーの特定: 特定の食品、飲料、環境、生活習慣が頭痛を引き起こすことがある場合、それらのトリガーを特定し、避けるようにしましょう。

8.規則正しい生活リズム: 規則正しい生活リズムを保つことで、頭痛の発生を予防できることがあります。食事や睡眠、運動などを規則正しく行いましょう。

9.適切な医療処置: 頭痛が慢性的な場合や重篤な症状がある場合は、医療専門家に相談しましょう。適切な治療や管理計画を立ててもらうことが重要です。

これらの方法を組み合わせて、個々の状況に合った頭痛の改善と予防を行うことが大切です。
当院では最新の医療機器による専門治療を得意としております。頭痛や偏頭痛などの症状改善も得意としておりますので是非お気軽にご相談下さい。

野球のケガを早期に改善

2024.02.27 | Category: 野球肩・野球肘

野球のケガを早期に改善



さとう接骨院です。
本日のブログでは野球肩と野球肘の症状と対策について詳しく解説をしていきます。

野球肩とは?




野球肩(やきゅうかた)とは、野球などのスポーツにおいて投球動作を繰り返すことで発症する肩の障害や疲労症状のことを指します。投手や外野手が特に発症しやすいとされます。

野球肩の症状には、肩の痛みや違和感、肩関節の可動域の制限、力が入りづらい、球速や制球力の低下などがあります。これは、投球動作によって肩関節や周囲の筋肉、靭帯、腱などに負担がかかり、過剰な使用や正しいフォームの欠如によって引き起こされることが多いです。

適切なストレッチやエクササイズ、投球フォームの改善、十分なリカバリーの確保などが、野球肩の予防や対処に役立ちます。また、適切なトレーニングや医療のアドバイスを受けることが重要です。

野球肘とは?




野球肘(やきゅうひじ)は、野球などの投球スポーツにおいて発生する肘の障害や疲労症状のことを指します。特に投手がよく発症しますが、野手でも発生することがあります。

野球肘の代表的な症状は、内側(尺骨側)の肘の痛みや腫れ、疲労感、肘の動きの制限などです。これは、投球動作によって肘に大きな負担がかかり、肘関節内の靭帯や軟骨、骨などが損傷を受けることによって引き起こされます。

野球肘の主な原因は、投球時に肘にかかるストレスが過剰であったり、正しいフォームやトレーニングが不足していたりすることです。特に若い投手では、まだ成長途中の骨や筋肉が未発達であるため、このような障害が発生しやすいとされています。

適切な投球フォームの習得やトレーニング、投球量の管理、十分なリカバリーの確保などが、野球肘の予防や対処に役立ちます。また、発症した場合は早めに医師の診断を受け、適切な治療やリハビリを行うことが重要です。

野球肘、野球肩はどのような動作で痛むのか?

野球肘

・投球時に肘を振り下ろす際の内側(尺骨側)の肘の痛み
・ストレート球やカーブボールなどの特定の球種を投げる際に痛みが増す
・肘を曲げた状態での負担が大きく、変化球や速球を投げる際に痛みが生じることが多い
・投球後に肘を伸ばす動作や肘を押し出す動作で痛みが生じることがある

野球肩

・投球時に肩を振り回す際の肩関節周囲の痛みや不快感
・肩を振る動作やボールを投げる際に、肩の動きが制限される感覚
・ボールを投げるときやキャッチングするときに肩の前部や上部に痛みが生じる
・投球後に肩の可動域が制限されることがあり、肩を上げたり回したりすると痛みが増す

野球肩、野球肘の改善と予防



野球肩と野球肘の改善と予防には、以下のような方法が効果的です。

野球肩の改善と予防

適切なウォームアップとストレッチ

ゲームや練習前に、肩の周りの筋肉や関節を十分に温め、ストレッチを行うことで柔軟性を高め、怪我のリスクを減らします。

投球フォームの改善

正しい投球フォームを維持することで、肩への負担を軽減し、野球肩を予防します。コーチや専門家の指導を受けましょう。

投球量の管理

過度な投球量は野球肩を引き起こす可能性があります。特に若い選手は、投球の量を管理し、必要な休息を取ることが重要です。

全身のトレーニング

上半身だけでなく、下半身や体幹の筋力も重要です。全身のバランスを整えるトレーニングを行いましょう。

休息とリカバリー

疲労や過度の負荷を感じた場合は、十分な休息を取り、リカバリーを重視しましょう。マッサージやストレッチ、アイシングなどを行います。

野球肘の改善と予防

投球フォームの見直し

正しい投球フォームを習得し、肘に負担がかかりすぎないようにします。

投球量の管理

適切な投球量を守り、過度な投球を避けます。特に若い投手は投球量の制限が重要です。

トレーニングと筋力強化

肘周りの筋肉を強化し、安定性を高めるトレーニングを行います。特に肘の周りの筋肉や前腕の筋肉を重点的にトレーニングします。

休息とリカバリー

投球後には十分な休息とリカバリーを取ります。肘に痛みや違和感を感じた場合は、早めに休息し、専門家の診断を受けます。

定期的なチェック

定期的に医師やスポーツトレーナーによるチェックを受け、早期に問題を発見し対処します。

当院での野球肩、野球肘の治療法について




野球肩や野球肘は重篤な状態に進行する可能性もありますので、症状が出た場合には適切な専門家の診断と治療を受けることが重要です。当院でも野球肩、野球肘の専門治療を提供しております。当院では最新の医療機器を用いた早期症状改善をモットーにしております。痛めた筋肉の回復力を極限に高め、痛みを根本から改善していきます。痛みが改善されずお困りの方は当院にご相談下さい。

最新医療機器で坐骨神経痛を撃退!

2024.02.06 | Category: 坐骨神経痛



さとう接骨院です。
本日のブログでは坐骨神経痛の症状と対策について詳しく解説をしていきます。

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛は、坐骨神経が圧迫されることによって引き起こされる痛みや症状の総称です。坐骨神経は、腰椎から仙骨まで走る大きな神経であり、下半身の感覚と運動を支配しています。この神経が圧迫されると、腰や臀部から下肢にかけて痛みやしびれ、腰から足までの放射痛などの症状が現れます。原因としては、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの様々な要因が考えられます。坐骨神経痛は、日常生活や活動の制限、慢性的な不快感を引き起こすことがあり、適切な治療や対策が必要です。

坐骨神経痛の原因とは?



坐骨神経痛の主な原因は以下となります。

椎間板ヘルニア

椎間板の異常な突出が坐骨神経を圧迫する。

脊柱管狭窄症

脊椎管が狭くなり、神経根や坐骨神経が圧迫される。

脊柱の変形

脊柱の変形によって神経が圧迫されることがある。

筋肉の緊張

筋肉の緊張やけいれんが坐骨神経に圧力をかけることがある。

外傷

脊椎や骨盤の外傷が坐骨神経痛の原因となることがある。

何かしらの要因で椎間板や脊柱管を傷つけてしまうと発生しやすい症状となります。坐骨神経痛と診断されても椎間板や脊柱管に影響がない症状でありましたら早期に痛みを解消することが可能です。

坐骨神経痛の改善と予防



適切な姿勢を保つ

正しい姿勢を維持し、脊椎への負荷を軽減する。

適度な運動

筋力トレーニングやストレッチングを行い、体のバランスを保つことで坐骨神経の圧迫を軽減する。

体重管理

過体重や肥満は坐骨神経に余分な圧力をかけるため、適切な体重管理が重要。

ポストゥアルコレクション

長時間の座位や立位による姿勢の変化や休憩を取ることで、坐骨神経への圧力を軽減する。

ストレス管理

ストレスが筋肉の緊張を引き起こし、坐骨神経痛を悪化させることがあるため、ストレスを軽減する方法を見つけることが重要。

最も大切なことは「適切な姿勢を保つ」ことです。不良姿勢が続くことが坐骨神経痛の症状を患う一番の理由であると当院は考えております。

当院での坐骨神経痛治療について



当院でも坐骨神経痛の専門治療を提供しております。徒手検査と呼ばれる体に負担がかからない手技による検査にて骨盤の歪みを確認していきます。また当院はプロスポーツ選手が愛用している最新の医療機器を完備している整骨院です。痛みを早期に改善する治療器にて早期に神経痛を改善していきます。病院で坐骨神経痛と診断されて、痛みが改善されずお困りの方は当院にご相談下さい。

ストレートネックは交通事故に多い

2024.01.22 | Category: ストレートネック



さとう接骨院です。
本日のブログではストレートネックについて詳しく解説をしていきます。

ストレートネックとは?

ストレートネックとは、本来逆Cの字状の形をしている首の骨が真っ直ぐになる状態です。ストレートネックになると、首の骨である頚椎が押しつぶされて変形したり、頚椎どうしの隙間が狭くなったりします。その結果、頸椎の中を通る動脈が圧迫されて血行不良が生じ、首や肩こり、腰痛などを招く場合があります。ストレートネックの症状が悪化してしまうと、首や肩に痛みやハリを感じやすくなります。さらに症状が進行してしまうと、手に痺れや脱力感などの症状が現れます。また頭痛なども感じやすくなり、自律神経にも影響を及ぼしやすいです。

ストレートネックの原因とは?



姿勢の問題

長時間の不適切な姿勢、特に前かがみの姿勢や頭を前に突き出した状態が原因となることがあります。

筋肉の不均衡

頚部の筋肉がバランスを失い、一部の筋肉が過度に緊張することが原因となります。

デバイスの使用(スマホ等)

スマートフォンやコンピュータの使用に伴う、長時間の首の前傾がストレートネックを引き起こすことがあります。

外傷

頚部の怪我や交通事故事故によっても、ストレートネックが発生することがあります。

ストレートネックの改善と予防のための対策



良好な姿勢の維持

長時間同じ姿勢を避け、正しい姿勢を保つことが重要です。

頸椎のストレッチと運動

適切なストレッチや強化運動を行い、頸部の筋肉をバランス良く発達させることが役立ちます。

頭の位置の調整

デバイスの使用時に頭を前に突き出さないように気をつけ、モニターや画面の高さを調整することが重要です。

休憩の取得

長時間の作業やデバイス使用の後には、定期的に休憩をとり、首や肩の疲れを軽減することが大切です。

定期的な運動

全身の運動やストレングス・トレーニングを定期的に行い、筋肉のバランスを維持することが予防につながります。

専門家の診察

症状が続く場合や重篤な場合には、医師や理学療法士などの専門家に相談し、適切な治療を受けることが大切です。

当院でのストレートネック治療について



当院でもストレートネックの専門治療を提供しております。徒手検査と呼ばれる体に負担がかからない手技による検査にて頚椎の歪みを確認していきます。また最新医療機器を用いて筋肉の回復力を高めることで早期改善を実現します。病院でストレートネックと診断されて、痛みが改善されずお困りの方は当院にご相談下さい。

頚椎捻挫と診断された方へ

2024.01.12 | Category: 頚椎捻挫



さとう接骨院院長の佐藤です。当院にも病院で頚椎捻挫と診断されて来院される患者様がたくさんいらっしゃいます。
本日のブログでは病院でよく診断される頚椎捻挫について詳しく解説をしていきます。

頚椎捻挫とは?

頚椎捻挫は、首の骨(頚椎)の周りの靭帯や筋肉が急激な動きや外傷によって傷ついた状態を指します。この状態になると、以下のような症状が現れることがあります。

首の痛み

首の動きや頭の回転が制限され、痛みが生じることがあります。

頭痛

首の筋肉や靭帯の炎症が頭痛を引き起こすことがあります。

こわばり

首の周りの筋肉がこわばり、運動が制限されることがあります。

めまい

首の急激な動きに伴ってめまいが生じることがあります。
頚椎捻挫の原因は、交通事故、スポーツ中の急激な動き、転倒、または他の外傷などがあります。急激な首の動きが、首の組織に過度のストレスをかけ、損傷を引き起こす可能性があります。症状は軽度から重度までさまざまであり、症状の程度に応じて適切な治療が必要です。

頚椎捻挫は交通事故と深く関係している!?



頚椎捻挫は、交通事故によって引き起こされる首の急激な動きや外傷によって発生することがよくあります。交通事故では、急激な停止や衝突によって首が急激に前後に揺れることがあり、これが頚椎捻挫を引き起こす原因となります。特に、以下のような状況で頚椎捻挫が発生する可能性が高まります。

リアエンド事故

後方からの衝突によって、被害者の車が急激に停止することがあり、これが首の急激な動きを引き起こす可能性があります。

側面衝突

車が横からの衝突を受けると、首が急激に動く可能性があります。

前方衝突

車が前方からの衝突を受けた場合も、急激な停止や動きによって頚椎捻挫が発生する可能性があります。

頚椎捻挫の症状は事故後にすぐに現れないことがあり、数日か数週間後になって初めて感じることがあります。したがって、交通事故後に首の痛みや不快感を感じた場合は、早めに医師の診察を受けることが重要です。治療の遅れが症状を悪化させる可能性があるため、適切な医療アドバイスを受けることが大切です。

当院での頚椎捻挫治療について



当院でも頚椎捻挫の専門治療を提供しております。徒手検査と呼ばれる体に負担がかからない手技による検査にて頚椎の歪みを確認していきます。当院では最新の医療機器を完備しているため、痛みの早期改善を図ることが可能です。病院で頚椎捻挫と診断されて、痛みが改善されずお困りの方は当院にご相談下さい。

オスグッドの専門治療

2023.12.31 | Category: オスグッド



那珂市さとう接骨院です。
本日のブログでは成長期の青少年に見られる膝の痛み(オスグッド)についてまとめてみました。ぜひお時間ある際にご確認いただけると幸いです。
膝の痛みはさまざまな原因によるものです。以下は考えられるいくつかの症状と対策ですが、痛みが続く場合や悪化する場合は、ぜひ当院にご相談下さい。

オスグッドの症状について



オスグッドを患う方に多い症状は以下になります。

膝の痛み

膝の前部にある脛骨(すねぼね)におおよそ軟骨の結節ができ、これが痛みを引き起こす。

腫れや腫れた感触

脛骨の結節が腫れ、触れると痛みや腫れた感触が生じることがあります。

膝の運動制限

痛みのために膝の伸展や屈曲が制限されることがあります。

活動による痛み

特にスポーツや激しい身体活動の後に痛みが増すことがあります。

オスグッドの原因



オスグット病の主な原因は、青少年が急激な成長期にある際に、膝にかかる負担が増加することです。以下はその具体的な要因です。

骨の成長と筋肉のバランスの不均衡

急激な身体の成長により、筋肉や腱が骨の成長に追いつかないことがあり、これが膝に過度の圧力をかけます。

スポーツ活動

特にジャンピングや走るようなスポーツで膝に過度なストレスがかかることが、オスグット病の発症に寄与することがあります。

膝への反復的なストレス

同じ動きや活動を繰り返すことが、膝に負担をかけ、痛みを引き起こすことがあります。

オスグット病は通常成長が終わると症状が改善することが期待されますが、一時的な対処法としては安静にし、炎症を和らげるために冷却や湿布を行うことがあります。場合によっては理学療法や適切なストレッチも効果的です。症状が持続する場合は医師に相談することが重要です。

当院ではオスグッドの専門治療を提供しておりますので、少しでも気になる症状がありましたらお気軽にご相談下さい。

スポーツのパフォーマンスアップ

2023.11.20 | Category: サッカー・フットサル,スポーツ ケガ・治療



さとう接骨院院長の佐藤です。
本日のブログでは全身の身体の骨格バランス、筋肉バランスが整うことでスポーツにおけるパフォーマンスの向上する理由と根拠について解説をしていきます。

人間の体を構成する主要な要素

人間の体を構成する主要な要素には筋肉と骨格が含まれます。ただし、これらの割合は個人差があり、年齢、性別、運動レベル、体型などによって異なります。(以下は一般的な推定値です)

【筋肉の割合】
体重の約40%から50%が筋肉で構成されるとされています。
この割合は個人の運動量やトレーニングによっても大きく変動します。

【骨格の割合】
体重の約15%から20%が骨で構成されます。
骨の密度や体格によって個人差があります。これらの割合はあくまで一般的な推定値であり、異なる研究やデータソースによっても異なる数値が示されることがあります。また、これらの割合は年齢とともに変化することも考慮する必要があります。例えば、成長期の子供の場合、骨が体重の割合としてより大きくなる傾向があります。



スポーツにおけるパフォーマンス向上に重要な役割について

全身の身体の骨格バランスと筋肉バランスが整うことは、スポーツにおけるパフォーマンス向上に重要な役割を果たします。以下はその理由と根拠のいくつかです。

効率的な動きと技術の向上

骨格や筋肉の不均衡があると、動きや技術が妨げられる可能性があります。バランスが整っていると、運動や技術の実行が効率的になり、より正確で力強い動きが可能になります。

怪我の予防

身体のある部分が他の部分に比べて弱くなっていると、その部分への負担が大きくなり、怪我のリスクが高まります。バランスが整っていれば、身体全体の負担が均等に分散され、怪我の予防につながります。

パワーと安定性の向上

均衡の取れた筋肉は、パワーを生み出すのに効果的です。また、安定した骨格構造は、力をより効果的に伝え、制御するのに役立ちます。これにより、スポーツのパフォーマンスが向上します。

運動効率の最適化

骨格と筋肉のバランスが整うと、エネルギーの消費が最適化されます。例えば、不必要な動きや無駄な筋肉の緊張が減少し、体力の有効活用が可能になります。

姿勢の維持

骨格と筋肉のバランスが整っていると、正しい姿勢を維持しやすくなります。正しい姿勢は、力の伝達や身体の制御において重要であり、スポーツのパフォーマンス向上に寄与します。
これらの理由から、多くのアスリートやコーチは、トレーニングやリハビリテーションプログラムにおいて全身の骨格バランスと筋肉バランスに焦点を当てています。バランスが整った身体は、スポーツにおいてより高いパフォーマンスを発揮しやすくなります。



当院で実施しているスポーツにおけるパフォーマンス向上

当院では最新医療機器を用いて筋肉や骨格のバランスを整える治療を提供しております。けがをしている選手はもちろんのことながら、ケガをしていない選手も体のケアやパフォーマンスアップ向上を目的に当院を利用して頂いております。より高いパフォーマンスで競技に取り組みたい方はぜひ当院にご相談ください。



自転車によるケガは保険が使えます!

2023.11.13 | Category: 交通事故



さとう接骨院の佐藤です。
本日のブログでは自転車事故について細かく解説をしていきます。交通事故の発生件数は交通環境の整備に伴い、年々減少傾向であります。然しながら自転車事故の発生件数は2016年以降年々増加傾向であります。警察庁のまとめによると、自転車に乗った人が死傷した交通事故は2022年、前年比291件増の6万9985件に上りました。増加は2年連続。新型コロナウイルスの感染拡大などで、移動に自転車を使う機会が増えたことが背景にあります。

自転車事故の死傷者数

18年から22年までの5年間に起きた事故を分析したところ、小学生、中学生、高校生の自転車事故で、死傷者が最も多かった時期は6月になります。児童・生徒が4月に入学して自転車通学を始める中で、慣れてきた頃に油断して事故に遭う可能性が高いので十分に注意が必要です。






自転車事故の保険制度について



自転車事故の保険については、以下のポイントがあります。

自転車保険

自転車事故に備えるための特別な自転車保険が存在します。これに加入することで、自転車事故に際して損害賠償などの補償が受けられる場合があります。自転車保険には様々なプランや条件があり、加入者が選択できることが一般的です。

自賠責保険(任意保険)

自転車事故において、他の人や車両に対して損害を与えた場合、自賠責保険(任意保険)が適用されることがあります。自賠責保険は日本の交通法に基づいて自動車事故の被害者に支払われるもので、自転車にも適用される場合があるので損害保険会社に確認が必要です。

自転車事故の保険については、個別の契約やポリシーにより異なる条件や補償が提供されるため、具体的な詳細は契約内容に依存します。自転車事故に備えるために、保険会社と相談し、自分に適したプランを選ぶことが重要です。最新の情報や具体的な保険プランについては、現地の保険会社や関連機関に問い合わせることを推奨します。

当院では自転車事故による治療も対応




当院では厚生労働省認可の国家資格者が治療を担当しますので自転車事故によるケガも保険を適用して対応をしております。負傷原因が明確な症状になりますので医療保険の適用とはなりますが、自転車事故保険、自賠責保険(任意保険)が適用できるかどうかもしっかり確認をしながら施術をさせて頂きますのでご安心くださいませ。

アキレス腱炎は早期の診断と治療が重要

2023.10.24 | Category: アキレス腱炎


那珂市、ひたちなか市でアキレス腱炎の症状でお困りの方へ

さとう接骨院院長の佐藤です。
本日のブログでは高齢者やスポーツ選手に多いアキレス腱炎(Achilles tendonitis)の症状と対策について紹介していきます。

アキレス腱炎の症状について

  • 疼痛(痛み): アキレス腱部分に痛みが生じます。通常、痛みは腱の後方に位置し、特に歩行や走行時に悪化します。
  • 炎症: 炎症が起こり、腱の周囲が赤く腫れて感じることがあります。
  • 足首の運動制限: アキレス腱の炎症により、足首の動きが制限され、伸展や屈曲が制約されることがあります。
  • 足の弱点感: アキレス腱炎の症状が進行すると、足全体が弱く感じることがあり、体重をかけるのが困難になることがあります。
  • 腫れ: アキレス腱周囲に軽度から中等度の腫れが見られることがあります。
  • こわばり: アキレス腱炎の症状には、腱がこわばる感覚や運動制限が含まれることがあります。
  • 暖かさや悪天候に対する過敏: アキレス腱炎の場合、寒冷や湿度の変化に対する感受性が高まり、痛みや不快感を引き起こすことがあります。

アキレス腱炎は腱の過度なストレスや急激な運動、適切なウォームアップの不足などが原因となります。早期の診断と治療が重要であり、医療専門家の指導のもとで管理することが推奨とされています。

アキレス腱炎になりやすいとされる要因


アキレス腱炎になりやすいとされる要因

  • 年齢: アキレス腱炎は中年から高齢の人々によく見られます。加齢によって組織が変性し、腱の柔軟性が低下するため、発症しやすくなります。
  • 性別: 男性に比べて女性の方がアキレス腱炎になりやすいことがあります。ただし、男女間の差は個人差が大きいです。
  • スポーツ歴: アキレス腱炎は特にランニング、テニス、バスケットボール、サッカーなどのスポーツを継続的に行う人に多く見られます。スポーツでの過度の負荷やトレーニング不足がリスク要因となります。

当院にはスポーツでアキレス腱を傷めてしまった方が多く利用頂いております。アキレス腱炎は一般的には痛みが長期化しやすい症状ですが、当院では痛みを早期に改善する最新電気治療器を用いて早期改善を図ります。また痛みの再発予防を図るためにトレーニングを行うことで身体を根本から改善していきます。

アキレス腱炎の症状で当院を利用するメリット



アキレス腱炎の治療は早期に行うことが重要であり、当院はその専門的な治療とサポートを提供するための適切な選択肢の一つです。

1.専門的な知識とスキル

当院は筋骨格系の専門家が在籍しており、アキレス腱炎に関する知識と経験が豊富です。専門的な治療を受けることができます。

2.カスタマイズされた治療計画

当院では患者の状態に合わせて個別の治療計画を立てます。アキレス腱炎の症状や進行度に応じて、適切な治療方法を提供します。

3.痛みの軽減

身体に負担をかけない最新医療機器を用いた治療を行うことで痛みの早期改善を図ります。

4.運動リハビリテーション

アキレス腱炎の治療には運動リハビリテーションが必要です。整骨院では、運動療法を通じてアキレス腱を強化し、再発を予防する支援を行います。

5.アドバイスと予防策

患者様にアキレス腱炎の予防策や生活スタイルの調整に関するアドバイスを提供し、将来の問題を避ける手助けを行います。

アキレス腱炎の症状で歩行時の痛み等を抱えられておりましたらすぐに当院にご相談ください。

猫背になる生活習慣

2023.10.11 | Category: 猫背


那珂市・ひたちなか市で猫背でお困りの方はさとう接骨院にご相談ください。

さとう接骨院院長の佐藤です。
本日ブログでは猫背になりやすい生活習慣とその解決策をいくつか紹介していきます。猫背は、長時間の不適切な姿勢や筋肉の弱さなどから生じることが多い傾向です。特に以下の3つの生活習慣を繰り返し行っている方は要注意です。

猫背になりやすい3つの生活習慣



1.長時間のデスクワーク

長時間のデスクワークやコンピュータ作業は、猫背を引き起こす原因となります。

2.スマートフォンやタブレットの使用

スマートフォンやタブレットを下を向いて使用することで、首と背中の姿勢が悪くなることがあります。昨今スマートフォンの流行に伴い、猫背になる患者様が多くいらっしゃいます。

3.運動不足

姿勢をサポートする筋肉(脊柱起立筋、僧帽筋、肩甲骨周りの筋肉)が弱くなると、猫背になりやすくなります。

猫背の解決策



1.適切なデスクワーク姿勢

デスクワークをする際に、デスクと椅子の高さを調整し、背筋を伸ばすよう心がけましょう。定期的な休憩とストレッチも大切です。

2.スマートフォンの使用

スマートフォンやタブレットを使用する際に、画面を目の高さに持ち上げ、首を前に突き出すのではなく、背中を伸ばした姿勢で使用しましょう。

3.適切な運動

背中と姿勢をサポートするために、背中と核筋を鍛えるエクササイズを取り入れましょう。ヨガ、ピラティス、筋力トレーニングなどが役立つかもしれません。

4.姿勢の意識

姿勢を正すために日常生活での姿勢に意識を向けることが重要です。鏡を使って姿勢をチェックし、意識的に背筋を伸ばす練習をしましょう。

5.適切な寝具

寝具の硬さや高さを調整して、寝ている間も背中の姿勢をサポートしましょう。

猫背は日常生活での姿勢と生活習慣によって改善できることが多いです。姿勢を改善することは、慢性的な背中の問題を予防し、身体の健康を維持するために重要です。必要に応じて、当院や専門家の助言を受けることもおすすめです。

当院で治療を受けるメリット



当院で猫背の治療を受けることにはいくつかのメリットがあります。当院は、骨格や筋肉に関する問題を専門的に扱う施設であり、猫背の治療に適しております。

1.専門的な知識とスキル

整骨院の専門家は、骨格や筋肉の問題に関する高度な知識とトレーニングを受けています。彼らは猫背の原因を正確に評価し、適切な治療プランを提供できます。

2.個別の治療計画

整骨院での治療は、患者の個別の状態に合わせて調整されます。猫背の原因や程度に応じて、異なる治療法やエクササイズが提供されます。

3.手技療法

整骨院では、整体療法やマッサージ、調整療法などの手技療法が一般的に使用されます。これらの手法は筋肉の緊張を和らげ、関節の正常な動きを促進し、姿勢を改善するのに役立ちます。

4.エクササイズ指導

整骨院の専門家は、患者に適切なエクササイズを指導し、姿勢をサポートする筋肉を強化する方法を教えてくれます。これにより、持続的な改善が可能となります。

5.痛みの軽減

猫背によって引き起こされる背中や首の痛みを軽減するための治療が提供されます。手技療法やエクササイズにより、筋肉の緊張が緩和され、痛みが和らぐことがあります。

6.予防指導

整骨院の専門家は、再発を防ぐための予防策や姿勢の維持に関するアドバイスを提供します。これにより、長期的な改善が可能となります。

野球肩・野球肘の症状改善はさとう接骨院にお任せください。

2023.09.29 | Category: 野球肩・野球肘


那珂市・ひたちなか市で野球肩・野球肘の症状でお悩みの方へ

笹川スポーツ財団が実施する「スポーツ活動に関する全国調査」により、日本人が最も行っているスポーツは『ジョギング・ランニング』になり、人口は1,055万人となります。『散歩・ウォーキング人口』は4,913万人と約20年間で倍増しています。日本における4大人気スポーツであるサッカーは人口309万人、野球は人口268万人、バスケットボールは人口237万人、バレーボールは人口217万人となっております。本日のブログでは野球選手が抱えている「野球肩・野球肘」についてブログを投稿していきます。

野球肩・野球肘とは?


野球肩野球肘

野球肩・野球肘とは言葉の通り、投球動作で肩や肘が痛む症状のことを指します。MLBで大活躍している大谷翔平選手も肘の靭帯を損傷していますが、投球動作が多いピッチャーに多い症状になります。以下のような動作で痛みを感じる場合は野球肩・野球肘の症状を患っている可能性があります。

  • 肩が痛くて投球動作ができない
  • 肩から背中にかけて張りを感じる
  • ドアノブを捻るだけでも肘が痛い
  • 肩や肘が痛くて重たい荷物を持てない
  • 指先がしびれている
  • 親指、人差し指の感覚が薄れている
  • 投球速度が落ちている
  • etc…

野球肩・野球肘をほったらかしにすると選手生命が赤信号


野球肩や野球肘はしっかり専門治療を受けることが大切

野球肩・野球肘の症状をほったらかしにすると選手生命が赤信号となることは間違いありません。特に青年期は「ケガをしないように予防する」という概念が薄れているので「練習後に肩を冷やさない」「肩のストレッチをしない」等の要因でどんどん肩や肘に疲労が溜まっていきます。痛みが出ても投げ続けることが多いので「痛みが悪化してから医療機関を利用する」ケースがほとんどです。大切なことは少しでも違和感を感じたら専門院に相談することを推奨します。

当院では野球肩・野球肘の早期改善を得意としております


野球肩・野球肘の専門治療

当院では野球肩・野球肘の症状を早期に改善するために最新電気治療と整体治療を組み合わせた施術法を提供しております。肩や肘に痛みが出る一番の原因は筋肉の使い過ぎです。わかりやすくお伝えすると筋肉が緊張している状態です。この緊張を緩和させることが肩や肘の関節・靭帯への負担を軽減する上で重要となります。
最新医療機器では人の体ではほぐせない深部の筋肉までアプローチすることで筋肉の回復を早めていきます。整体治療では骨格のバランスを整えることで自然治癒力を高める施術を提供していきます。

練習・試合に参加しながら治療を受けられます



もちろん症状を悪化させないために練習・試合を休んでもらう方が痛みは治りやすいことは間違いありません。しかしながら当院では練習・試合をしながらも痛みを改善できる施術を提供しておりますのでよほど重症でなければ練習・試合に参加しながら治療を提供させていただきます。少しでも早く症状改善を図りたいとお考えの方はぜひ当院にご相談ください。

腰椎分離症と診断された方へ

2023.09.22 | Category: 腰椎分離症



本日のブログでは腰椎分離症について解説をしていきます。腰椎分離症とはスポーツなどによって繰り返される腰椎(腰の背骨)への伸展(後ろに反る)と回旋ストレスを原因とする関節突起間部の疲労骨折です。発育期のスポーツ選手に好発され、腰部に繰り返しストレスがかかることで発症します。スポーツ選手だけでなく一般の患者様も様々な要因で腰椎に負荷がかかり、分離症の症状を患っている方もいらっしゃいます。

腰椎分離症の痛みについて

以下のような症状を抱えられている方は腰椎分離症の疑いがあります。

  • 腰に電気が走るような痛みがある
  • 立位の姿勢で腰が痛む
  • 前傾姿勢で腰に強い痛みが走る
  • 太ももや足がしびれる
  • 背骨を押すと圧痛がある
  • 腰を反ると痛みが強くなる
  • 大腿外側の鈍い痛み(重苦しい、だるい)



腰椎分離症の症状改善について

腰椎分離症は完全に分離をしてしまっている場合は外科手術が必要となりますが、初期段階でありましたら外科手術をせずに痛みを改善することが可能です。そもそも骨が分離する理由は以下が考えられます。

  • 筋肉の使い過ぎ
  • 関節の動きが悪い
  • ストレス
  • 遺伝性

当院では筋肉や関節の動きを改善することで腰椎分離症の早期改善を図る施術メニューを提供しております。骨が分離する理由を取り除いてあげれば、痛みの軽減を図ることが可能です。また分離症ではなく腰痛すべり症の症状を患っている方でも治療を提供することは可能です。まずはお気軽にご相談ください。



体に負担をかけない治療法を採用

当院では腰椎分離症の早期改善を図るために身体に負担がかからない優しい施術法にて痛みの早期改善を図ります。具体的にはお子様や女性でも安心して受けられる優しい力で筋肉や関節、骨格のバランスを整え、痛みを伴わない状態に調整をしていく施術法を採用しております。厚生労働省認可の国家資格を有した院長がすべての施術を担当します。



足底腱膜炎・足底筋膜炎の原因、症状

2023.08.25 | Category: 足底腱膜炎・足底筋膜炎



足底腱膜炎・足底筋膜炎

このようなことでお悩みではありませんか?

  • 病院で足底腱膜炎と診断された
  • 朝起きたときに足の裏が痛く、歩くのがつらい
  • 足を長時間使うと足底部が痛くなる
  • 足を休めても足底の痛みがなかなか引かない
  • 走ったりジャンプしたりすると足に違和感を感じる
  • 足裏に激しい痛みが走ることがある
  • 足の裏の痛みがひどくなってきて、日常生活に支障をきたしている

上記のようなことでお悩みの方は、「那珂市さとう接骨院」にご相談ください。足底腱膜炎に対する専門的な施術を行い、痛みからの回復を全力でサポートいたします。

足底腱膜炎とは

足底腱膜炎は、足の裏にある「足底腱膜」と呼ばれる組織に炎症が生じる病態です。足底腱膜は、足のアーチを形成し、足の運動に重要な役割を果たしています。日常生活で足を長時間使うことや、運動時の負荷が原因で足底腱膜に負担がかかり、炎症が生じることがあります。
※似たような症状の足底筋膜炎は筋膜の炎症になります。

特に朝起きたときや長時間の歩行後に痛みが増すことがよくあります。また、走ったりジャンプしたりする際にも足底に痛みを感じることがあります。足底腱膜炎は早期に適切な施術を行わないと慢性化する場合があるため、症状が出たら早めに専門の施術を受けることが大切です。

足底腱膜炎・足底筋膜炎の原因、症状



足底腱膜炎の主な原因は、足の過度な負担や姿勢の乱れです。例えば、足を長時間使い続けたり、ハイヒールなどの足を強く反らすような靴を履いたりすることが原因になることがあります。また、スポーツや運動時に足に大きな負荷がかかることも足底腱膜炎の原因となります。また上記画像のように偏平足の方も足底腱膜炎・足底筋膜炎の症状を患いやすい傾向があります。

足底腱膜炎の典型的な症状は、足の裏に痛みや違和感が生じることです。特に朝起きたときや足を休めた後に、初めて歩き始めたときに痛みを感じることがよくあります。また、長時間の歩行や走行、ジャンプなどで足に痛みを感じることもあります。足底腱膜炎は進行すると症状が慢性化し、日常生活に支障をきたすこともあります。

「那珂市さとう接骨院」では、足底腱膜炎に対して専門的な施術を行っています。私たちの施術では、痛みの原因を詳細に評価し、適切な施術プランを提案いたします。

足底腱膜炎・足底筋膜炎の施術




足底腱膜炎の施術は、まず、症状や原因を詳しくヒアリングし、患者様に合わせた施術計画を立てます。

炎症を抑え、痛みを緩和するために、適切な手技療法を用いて足底の筋肉や組織をほぐします。また、血行を促進することで回復をサポートします。姿勢や歩行のクセの改善も重要ですので、日常生活での注意点やアドバイスを提供します。

バス内でのケガは交通事故保険が適用されます!

2023.08.03 | Category: 交通事故



茨城県にお住まいの方は自家用車で移動される方が最も多いですが、バスを利用して移動される方もいらっしゃいます。当院をご利用頂いている患者様より「先日バスに乗車している際に急ブレーキで転んで足首を捻ってしまったので保険で治療できますか?」と相談をされました。
もちろん医療保険(健康保険)は利用可能でありますが、バスが別車両と事故を起こした場合には、バスと別車両の両方に過失がある事故では、バス会社と別車両の両者に対して損害を全額請求し、バス・別車両のいずれかが100%悪い事故では当該責任のある方に損害を全額請求することが可能です。

このようなケースではすべて交通事故保険を適用して治療が可能です

  • バスが追突事故を起こした
  • 別車両がバスに追突してきた
  • 急ブレーキで怪我をしてしまった
  • バスが走る衝撃でお尻を強打した
  • 急カーブで転んでけがをした
  • etc…

「那珂市さとう接骨院」は厚生労働省認可の国家資格を有した治療家が在籍しておりますので数多くのバスの交通事故で怪我をしてしまった患者様のケアを担当してきました。病院と同様に「交通事故保険」を取り扱うことができるため車に同乗していた方の怪我の治療も問題なく対応が可能です。少しでも気になることや相談事項がありましたらお気軽に問合せ下さい。



バスに乗車中に急カーブで転んでけがをしました。バス会社に治療費の請求はできますか?

はい。もちろん可能です。バス会社は万が一の際に保険会社と契約をしており、バスの運転が原因で怪我をしてしまった方は保険適用して治療を受けることが可能です。バス会社の損害保険会社に「バスに同乗していて交通事故に遭遇し、怪我を負いました。那珂市さとう接骨院を利用します。」とお伝え下さいませ。

医療機関に通院するための交通費は補償の対象となりますか?

はい。対象となります。交通事故が原因で車の運転ができない場合に一般交通機関(電車・バス・タクシー)を利用する際の費用は対象となります。

バスの怪我で治療を受けることになりましたが、通院慰謝料は適用となりますか?

はい。バス内で負傷し、保険を適用して治療を受ける際には通院慰謝料も適用となります。慰謝料は通院回数毎に1日4,300円となります。通院をしなければ慰謝料は0円となります。

バス内の怪我で仕事を休まなければならなくなりました。休業補償は対象となりますか?

はい。バス内の怪我(交通事故)が原因で仕事を休んだ際の休業補償は対象となります。バイト、パート、正社員関係なく、休業補償は適用となります。

弁護士に相談すると慰謝料が上がると聞きましたが本当でしょうか?

はい。事実となります。一般的に任意保険に弁護士特約を付けられている方が多い為、弁護士特約を使って無料で弁護士に慰謝料の相談をして頂くだけで慰謝料額は増額されます。

腰椎椎間板ヘルニアの治療もお任せ下さい!

2023.07.24 | Category: ヘルニア


那珂市さとう接骨院は腰椎椎間板ヘルニアの改善施術を得意としております

腰椎椎間板ヘルニア

このようなことでお悩みではありませんか?

  • 腰やお尻に痛みがあり、長時間座っていると辛い
  • 腰を前屈すると足にしびれを感じる
  • 腰の痛みが夜や朝起きたときに特にひどい
  • 重い物を持ち上げた際に腰に違和感や痛みを感じる
  • 腰や尾骨周辺にチクチクした痛みを感じることがある
  • 腰の痛みが歩くことや階段の昇り降りに影響を及ぼしている

これらの症状にお悩みの方は、那珂市さとう接骨院にお越しください。腰椎椎間板ヘルニアに対する専門的な施術で痛みを根本から解決に導きます。

腰椎椎間板ヘルニアとは

腰椎椎間板ヘルニアは、腰椎の間にある「椎間板」と呼ばれるクッションの部分が、外側に飛び出して神経を圧迫する状態です。通常、椎間板は腰の動きを支える役割を果たしていますが、急な負荷や姿勢の悪さなどが原因で椎間板が損傷し、ヘルニアが生じることがあります。

腰椎椎間板ヘルニアの主な症状は、腰やお尻の痛み、腰から足にかけてのしびれや痺れです。症状の程度は個人によって異なりますが、軽度の場合は自然治癒することもあります。しかし、神経の圧迫が強い場合は慢性化し、日常生活に支障をきたすこともあります。

腰椎椎間板ヘルニアの原因、症状



腰椎椎間板ヘルニアの主な原因は、腰への急な負荷や姿勢の乱れです。重い物の持ち上げや長時間の同じ姿勢を続けることが、椎間板に負担をかける要因となります。また、姿勢の悪さや過度の腰の使い方も椎間板の損傷を引き起こすことがあります。

腰椎椎間板ヘルニアの典型的な症状は、腰やお尻の痛みと足のしびれや痺れです。特に腰を前屈させる動作や重い物を持ち上げる際に痛みが強くなることがあります。また、坐骨神経が圧迫されると、足に痺れを感じることもあります。症状は片側だけに現れることもあれば、両側に及ぶこともあります。

腰椎椎間板ヘルニアの施術



腰椎椎間板ヘルニアの施術は、那珂市さとう接骨院の専門家が丁寧に対応します。まず、症状や原因を詳しくヒアリングし、患者様に合った施術計画を立てます。痛みやしびれを緩和するために、腰椎周辺の筋肉の緊張をほぐし、神経の圧迫を軽減することで、症状の改善を図ります。施術は患者様の状態に合わせた適切な強度で行われ、安全かつ効果的な治療を提供します。

さらに、日常生活のアドバイスも重要です。姿勢の改善や腰の使い方、運動方法などを指導し、再発予防に役立つ情報を提供します。

同乗者の交通事故は全員が保険適用となります

2023.07.12 | Category: 交通事故



交通事故はできれば遭遇したくない出来事ですが、万が一交通事故の被害に遭遇してしまった際に事前に対策ができればすぐに治療&補償を受けることができますので、今回は同乗者の交通事故について解説をさせて頂きます。そもそもご自身が運転をしている車に友人や家族を乗せていた際に交通事故に遭遇してしまったら交通事故保険は適用になるのでしょうか?

このようなことでお悩みではありませんか?

  • 交通事故に巻き込まれ、同乗者も損害賠償請求ができるのか気になる
  • 同乗者にも慰謝料が支払われるのか知りたい
  • 同乗者の慰謝料の種類や相場を知りたい
  • 同乗者にも慰謝料減額や賠償責任が生じるケースはあるのか知りたい
  • 家族が同乗していた場合の治療費・慰謝料について知りたい
  • 同乗者の交通事故に関するまとめ情報が知りたい
  • etc…

結論からお伝えしますと交通事故に遭った際、同乗者はしっかりと補償を受けることができます。どのような交通事故であっても同乗者は100%被害者として扱われます。そのため治療費や慰謝料などの補償はすべて適用となります。
もし、上記のようなことでお悩みの方は、是非那珂市さとう接骨院までご相談ください。国家資格を有した専門家が交通事故によるケガや損害の補償をサポートしております。



交通事故に巻き込まれ、同乗者も損害賠償請求ができる?

交通事故において、同乗者も損害賠償請求が可能です。前途したように同乗者は、被害者として交通事故に巻き込まれており、ケガや物損などの被害を受けている可能性があります。同乗者がケガを負った場合は、相手方の過失が認められれば、同乗者も賠償請求を行うことができます。「事故の相手方」と「同乗していた車の運転者」どちらにも過失割合が付いた場合は、両方に対して請求ができます。

同乗者の損害賠償請求には、自己申告や保険会社を通じた手続きが必要となります。しかし、手続きの方法や必要な書類などについては複雑な場合があります。そのため、専門家のアドバイスを受けながら、スムーズな請求手続きを進めることが重要です。

那珂市さとう接骨院では、交通事故による同乗者のケガや被害に対して、的確なアドバイスとサポートを提供しています。当院の専門家が、同乗者の方々に安心して治療を受ける権利があることを理解し、適切な補償を受けるための手続きをお手伝いいたします。

同乗者がもらえる慰謝料の種類と相場は?

同乗者がもらえる慰謝料には、以下のような種類があります。

  • 生活慰謝料:ケガや治療による生活の制限や痛みに対する補償です。
  • 精神的慰謝料:事故による精神的な苦痛や心的外傷後ストレス障害(PTSD)などに対する補償です。
  • 医療費:ケガや治療にかかった医療費を補償します。
  • 通院交通費:治療のための通院にかかる交通費を補償します。

相場はケースバイケースで異なりますが、交通事故による同乗者の慰謝料の相場は、数十万円から数百万円になることが一般的です。具体的な金額は、ケガの程度や治療期間、精神的苦痛の度合いなどによって変動します。

那珂市さとう接骨院では、交通事故による同乗者の慰謝料について、経験豊富な専門家が的確なアドバイスを行います。適切な慰謝料を受けるためには、ケガや被害の状況を正確に評価し、証拠を収集する必要があります。当院では、同乗者の方々が公正な補償を受けられるよう、お力になります。

同乗者に慰謝料減額・賠償責任が生じるケース

同乗者にも慰謝料減額や賠償責任が生じるケースが存在します。以下に代表的なケースをいくつかご紹介いたします。

・同乗者の過失がある場合:
同乗者が事故の発生に一定の責任を持っている場合、慰謝料や賠償金額が減額されることがあります。例えば、同乗者が運転手の指示に従わず、事故の一因となった場合や、事故を避けるための注意義務を怠った場合などが該当します。同乗者の過失が認められると、補償金額は減額される可能性があります。

・同乗者が自己防衛義務を怠った場合:
同乗者は、自分自身の安全を確保するための一定の注意義務を負っています。もし同乗者が自己防衛義務を怠り、事故の被害が拡大した場合、慰謝料や賠償金額が減額される可能性があります。

以上のようなケースにおいて、同乗者の慰謝料や賠償責任は減額される可能性がありますが、具体的な金額はケースバイケースで異なります。専門家のアドバイスを受けながら、適切な補償を受けるための対策を取ることが重要です。

当院では、交通事故による同乗者のケガや被害に対して、適切なアドバイスとサポートを提供しています。同乗者の方々が公正な補償を受けるためには、適切な手続きと証拠の収集が必要です。私たちの専門家チームが、同乗者の方々の権利を守りながら、最善の結果を得るために全力でサポートいたします。

赤ちゃんが同乗していた場合の慰謝料



交通事故において赤ちゃんが同乗していた場合、赤ちゃんのケガや被害に対しても慰謝料が支払われることがあります。赤ちゃんはまだ自己防衛能力がなく、事故による影響が大きいため、特別な配慮が必要です。

赤ちゃんの慰謝料は、ケガの程度や治療期間、将来にわたる影響などを考慮して算定されます。医療費や将来の治療費、精神的な苦痛に対する補償などが含まれる場合があります。また、保険会社や裁判所の判断によっても慰謝料が決定されることがあります。

那珂市さとう接骨院では、赤ちゃんが同乗していた場合の慰謝料についても、適切なアドバイスとサポートを提供しています。赤ちゃんのケガや被害の評価を正確に行い、最善の補償を受けるために全力でサポートいたします。

肉離れ&捻挫の症状

2023.06.28 | Category: 肉離れ


肉離れや捻挫の症状は那珂市さとう接骨院にご相談下さい

スポーツの怪我や日常生活でこのような症状を抱えていませんか?

  • 突然の激痛で動けなくなった
  • スポーツや運動中に肉離れをしてしまった
  • 肉離れによる違和感や腫れが続いている
  • 短期間で肉離れを改善したい
  • 長期間続く肉離れの症状に悩んでいる
  • 歩行や運動中に足首を捻って捻挫した
  • 踏み外した際に足首を痛めた
  • 捻挫による腫れや痛みが続いている
  • 那珂市周辺で信頼できる整骨院を探している
  • 早く回復していつも通りの日常生活を取り戻したい
  • 捻挫の症状が慢性化している
  • etc…

上記のようなことでお悩みの方は、那珂市さとう接骨院までご相談下さい。
国家資格者である院長があなたの肉離れ・捻挫の症状を根本から解決できるよう全力でサポートさせていただきます。

■肉離れとは?

肉離れは、筋肉の繊維が断裂する怪我の一つです。運動中の急激な負荷や不適切な動きによって発生することがあります。特にスポーツをしている方や激しい運動を行っている方にとっては、肉離れは一大の悩みとなるでしょう。那珂市・ひたちなか市周辺でも、このような怪我に悩む方が少なくありません。



■肉離れの原因、症状

肉離れの主な原因は、急激な筋肉の伸縮や強い衝撃による筋肉の断裂です。スポーツの際に筋肉が無理な力を受けることや、疲労が蓄積された状態での過度の負荷がかかることが原因となります。肉離れの典型的な症状には、痛み、腫れ、違和感があります。また、患部を触ったり動かしたりすると痛みが強くなることもあります。那珂市・ひたちなか市で肉離れの症状にお悩みの方は、早めに専門の整骨院を受診することをおすすめします。

■捻挫とは?

捻挫は、足首を不自然な方向にひねることで靭帯が傷つく怪我です。日常生活やスポーツ中の踏み外しやひっかかりなどによって発生しやすく、特にスポーツをしている方や活動的な方にとっては頻繁に起こる悩みの一つです。那珂市・ひたちなか市周辺でも、多くの方が捻挫に苦しんでいるでしょう。

■捻挫の原因、症状

捻挫の主な原因は、足首を不自然な角度に曲げたりねじったりすることです。歩行中やスポーツ中に起こる踏み外しやひっかかりが、捻挫のリスクを高めます。捻挫の典型的な症状には、痛み、腫れ、運動制限があります。足首を動かすと痛みが強くなったり、歩行に支障をきたしたりすることもあります。那珂市・ひたちなか市で捻挫の症状にお悩みの方は、早めに専門の整骨院を受診することをおすすめします。



■肉離れ・捻挫の施術

肉離れ・捻挫の施術は、早期の対応が重要です。さとう接骨院では、経験豊富なスタッフが患者様の状態を丁寧に把握し、最適な施術を行います。まず炎症を抑えるために冷却療法を行い、痛みや腫れを軽減させます。その後、テーピングや包帯で患部をサポートし、再断裂や悪化を防ぎます。さらに、マッサージやストレッチ、電気療法などの物理療法を取り入れ、筋肉の血行を改善し、痛みやこわばりを緩和します。那珂市・ひたちなか市で信頼できる肉離れの施術をお探しの方は、さとう接骨院までご相談ください。経験豊富なスタッフが、早期の回復と再発防止をサポートいたします。

加害者でも交通事故の治療は保険適用で受けられる!?

2023.06.06 | Category: 交通事故



当院は厚生労働省認可の柔整整復師の国家資格を有した院長(私)がすべての施術を担当しますので各種保険(医療保険・交通事故保険・労災保険)も取り扱うことが可能です。今日は交通事故保険の制度について解説をさせて頂きます。
交通事故には必ず被害者・加害者が存在します。被害者が保険を適用して治療を受けることができるイメージはなんとなく皆様もお持ちですが、事故を引き起こした加害者は保険を適用して治療を受けることはできないでしょうか?


上記のケースは自分で事故(自損事故)を起こしたケースになりますので加害者はご自身となります。このケースは100%加害者となりますので自賠責保険(交通事故保険)の任意保険に加入をしていれば治療を受けることが可能です。任意保険とは交通事故保険のオプションとなり、ご自身が怪我をしてしまった際や相手の甚大な被害を被った際に補填をしてくれる保険制度であり、約8割の方が加入しております。そのため交通事故の加害者になった場合でも保険料をお支払いしているので保険適用で治療および補償を受けることができます。

加害者が任意保険で受けられる補償

  • ご自身の治療費
  • 通院慰謝料
  • 休業補償
  • 後遺障害費用
  • etc…

慰謝料や休業補償まですべて任意保険に加入をしていれば適用となるので注意が必要です。もちろん交通事故の被害に遭わない、起こさないことが最も重要ではありますが万が一の際には保険を使って治療ができることを忘れないようにしてください。



医療機関の転院も可能です!

以下のようなケースのように交通事故の治療で通院している医療機関の転院ももちろん可能です。多い事例として病院では待ち時間が長くて継続した利用ができないので当院をご利用頂く患者様も多くいらっしゃいます。当院では予約制で待ち時間なく治療ができるだけでなく、交通事故によって痛めた体を根本から改善している手技療法に特化しておりますので痛みの早期改善にも繋がります。



労働災害は保険適用

2023.05.05 | Category: 労災保険

「那珂市さとう接骨院」は厚生労働省認可の国家資格者がすべて治療を担当しております。医療保険の他に交通事故保険、労働災害保険も保険適用となります。通勤および業務中の怪我や事故は労災保険を適用して窓口負担なしで治療を受けることができます。労災保険の詳細は以下に記載しましたので是非ご確認下さい。



交通事故の休業補償

2023.04.25 | Category: 交通事故



「那珂市さとう接骨院」は交通事故の指定医療機関であり、交通事故保険を適用して治療を承ることが可能であるとブログにて報告させて頂いておりますが、交通事故は治療費以外にも「慰謝料」「休業補償」が適用となります。本日のブログでは交通事故の休業補償について解説をさせて頂きます。

交通事故の怪我が原因で休業すると「休業補償」が適用




交通事故の被害者・加害者共に交通事故が原因で会社および主婦業を休業すると「休業補償」が適用となります。自賠責保険内での計算となりますが一日休業することで約6,100円が支給対象となります。多くの方が知らない注目すべきポイントは正社員だけでなく、パートやアルバイトも休業補償の対象となります。また、主婦業についても休業補償の対象となります。主婦につきましては専業主婦と兼業主婦によって休業補償額が異なりますので以下をご確認下さいませ。





  • 【正社員事例】休業回数20日の場合:休業日数20日×6,100円=約122,000円
  • 【専業主婦(大卒)例】休業回数20日の場合:休業日数20日×7,909円=約158,180円

交通事故の怪我は休養も必要



あるメディア(書籍)にこのような記載がありました。時速40キロで走行する車が壁に衝突する際の衝撃力は、6メートルの高さ(ビルの高さ2階相当)から落とした車が地面に衝突するときに受ける衝撃力にほぼ等しくなるとされているようです。さらに速度をあげて、自動車の走行速度が時速60キロになった場合の衝撃力は高さ14メートル(ビルの高さ5階相当)から落下するときの衝撃とほぼ同じになるとされています。つまるところ交通事故による怪我を甘く見てはいけないということです。事故当初はアドレナリンの影響により痛みを感じないことも多くございます。交通事故後1週間~2週間後に痛みが増幅することも多々ありますので、交通事故後数日間は自宅で休養されたり、専門院で検査をする等しっかりとケガのケアを行うことを心掛けてください。



当院は交通事故の専門治療×専門家による徹底したサポートを提供



前途しましたように当院は交通事故の指定医療機関として交通事故保険を適用し、交通事故の怪我を早期に改善する専門治療を提供しております。また、治療だけでなく交通事故保険(慰謝料・休業補償等)のことや損害保険会社様との対応等を専門家(交通事故に特化した弁護士)を介してサポートさせて頂いております。交通事故の被害に遭遇しないことが何より大切なことではありますが、万が一の際は「那珂市さとう接骨院」にご相談下さい。

四十肩・五十肩を早期に改善

2023.04.10 | Category: 四十肩・五十肩


四十肩・五十肩の症状改善なら那珂市さとう接骨院にお任せください

四十肩・五十肩でこのような症状を抱えていませんか?

  • ドアノブを捻るだけでも肩が痛い
  • 物を持ち上げることができない
  • 肩が痛くてズキズキする
  • 痛みが強く夜寝付けない
  • 横に肩を挙げる動作ができない
  • スポーツで肩に痛みが走る
  • ゴルフやテニスのスイングができない
  • etc…

上記のような症状を抱えておりましたらぜひ「那珂市さとう接骨院」にご相談下さい。当院では四十肩・五十肩の治療を得意としております。多くの方が四十肩・五十肩は改善できない症状と諦めておりますが当院では短期間での症状改善を目標に、患者様に合わせたオーダーメイド治療を提供しております。

四十肩・五十肩の原因

四十肩・五十肩は肩関節は動きにくくなる症状になりますが、肩関節は多くの筋肉で構成されています。主に筋肉および腱の複合体肩甲下筋(けんこうかきん)、棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょくかきん)、小円筋(しょうえんきん)から構成されており、四十肩・五十肩を患う患者様の特徴として下記図の赤丸で記した小円筋を含む周辺の筋肉(滑液包を含む)が問題を起こしております。




四十肩・五十肩の症状をほったらかしにしておくと…

四十肩・五十肩の症状はほったらかしにしていても自然治癒力だけではなかなか症状は改善しません。かえってほったらかしにしておくことで症状を患う期間が長くなりますし、不健康状態が続くことは推奨できません。ご自身でできるストレッチ等もありますがなかなか症状改善には繋がりにくい為、まずは当院にご相談頂けると幸いです。短期間で症状が改善できる施術計画を提案させて頂きます。
※当院にはプロスポーツ選手が愛用している最新の医療機器を完備しております。短期間で症状改善を図ることができますのでお気軽にご相談下さい。



当院で治療を行うメリット

「那珂市さとう接骨院」で四十肩・五十肩の治療を行うメリットは以下になります。

  • 四十肩・五十肩の症状が早期に改善する
  • 自宅できるストレッチ法の指導ができる
  • 他院よりも少ない治療期間で済む
  • 国家資格者が治療を担当するので安心
  • 肩を挙げる動作等が解消する
  • etc…

患者様の症状に合わせた的確な施術が当院の一番の売りですので、少しでも気になる症状等がありましたら当院にご相談下さいませ。

運動不足は体に危険

2023.03.28 | Category: 運動


定期的に体を動かす重要性

昨今自分自身で健康を促進するための運動を実施される方が増えておりますが「定期的に運動をしている方」は本当に増えているのでしょうか?厚生労働省「国民健康・栄養調査報告」によると、運動習慣のある人の割合は、男性が33.4%、女性が25.1%となっており、この10年間では女性が減少しております。

年代別にみると、男女とも70歳以上が、男性42.7%、女性35.9%と最も高くなっておりますが男性は40代~50代、女性は20代~50代は運動不足が生じているといっても過言ではありません。



※生命保険文化センター引用

定期的な運動をしないと股関節、背骨、肋骨が固まる

これはよく患者様にもお伝えしているのですが『定期的な運動(歩行・ストレッチ等)を行わないと骨や筋肉、関節の動きが悪くなり体が固くなってしまいます』。例えば開脚のストレッチにしても『若い頃はもっと開いて床に顔がついたのに今では全くつかない』といった経験をされたことはないでしょうか?元々体が固い方は一定数おりますが、年齢を重ねることで骨、筋肉、関節の可動域が制限されることは間違いありません。



股関節、背骨、肋骨が固まりやすい動作

以下のような日常生活を過ごしていると股関節、背骨、肋骨が固まりやすくなってしまいます。

  • 歩く機会が少ない
  • 長時間のデスクワーク作業
  • お風呂上りにストレッチをしていない
  • 1日1時間を超えるスマホ操作
  • 週1回運動をしていない
  • 階段の昇り降りをしていない
  • スーパーに買い物に出る機会が少ない
  • 体のメンテナンスを受けていない

正直な所、生活習慣を変えることはなかなか難しいと思われます。然しながら定期的な運動をせずに今まで通りの日常生活を過ごしているといつかは『身体が大きな悲鳴』を上げてしまいます。この問題を解決するために当院が提案したいことは『身体の定期メンテナンス』を受けて頂くことです。

一時的なリラックス効果を生むマッサージを受けるのではなく、体を支える骨格や筋肉の状態を定期的に検査し、できれば検査した医療機関で患者様に合わせた運動を行うことが理想的です。もちろん当院でも体の骨格・筋肉の状態を検査し、患者様の状態に合わせた的確な運動指導を行うことができますので是非運動不足に心当たりがある方はご相談下さいませ。



体を支える骨格や筋肉の定期メンテナンスで猫背が解消する!?

体を支える骨格や筋肉の定期メンテナンスで猫背等の不良姿勢も改善することが可能です。なぜ猫背や側弯症等の不良姿勢になるのか?一番の原因は骨、筋肉の可動域が狭くなることが要因であると当院は考えております。昨今、思春期側弯症の患者様が増加しているのもスマートフォンの普及に伴う不良姿勢が大きな要因の一つであります。不良姿勢を改善するためには日常生活を見直す必要もありますが、身体の定期メンテナンスで症状を好転させることも可能です。そのため、少しでも体に支障をきたしていたり、運動不足であることを実感されている方は一度「那珂市さとう接骨院」にご相談頂けると幸いです。



慢性頭痛について

2023.03.22 | Category: 頭痛



2020年から蔓延している新型コロナウィルス感染症の影響で現在でもテレワークで仕事をしていたり、慣れない日常生活でストレスを抱えられている方多い傾向にあります。その影響のせいか「那珂市さとう接骨院」にも慢性頭痛を抱える患者様が多く通院しております。慢性頭痛はしっかり原因を突き止めておかないと症状が悪化し、命の危険を及ぼすこともありますのでしっかりケアを行う必要があります。

慢性頭痛等でこのような症状を抱えていませんか?

  • 寝起きに頭がボーッとしている
  • 日常生活で頭痛を感じる機会が多い
  • 寝つきが悪い
  • 頭痛薬が手放せない
  • 偏頭痛も抱えている
  • 顔のコメカミ部分が痛む
  • 血液が滞っている気がする
  • 頭がさえない

上記のような症状を抱えておりましたらぜひ「那珂市さとう接骨院」にご相談下さい。日常生活が劇的に改善されるよう根本から痛みを改善する徹底した施術を提供致します。



頭痛は大きく分けて2種類

頭痛は大きく分けて2種類に大別されます。一次性頭痛であれば施術で痛みを改善することができますが、二次性頭痛の可能性がある場合、すぐに病院で外科手術が必要となります。



原因がわからない頭痛の改善ならお任せ下さい

上記図で解説しましたように一次性頭痛の解消を提供しております。特に「原因がわからない頭痛」の症状の解消が一番自信を持っております。日常生活で以下のような支障をきたしておりましたらすぐにご相談頂けると幸いです。

  • 仕事がままならない
  • 頭痛薬がないと生活できない
  • 寝つき、寝起きが悪い
  • 痛みで勉学がはかどらない
  • etc…

交通事故の怪我で弁護士に相談する3つのメリット

2023.02.28 | Category: 交通事故



「那珂市さとう接骨院」では病院・整形外科と同様に交通事故の指定医療機関に認定されております。そのため交通事故保険を適用して治療を承ることが可能です。もちろん事故保険の適用となりますので以下の保障をすべて受け取ることが可能です。

交通事故保険で適用となるもの

  • 治療費
  • 通院慰謝料
  • 休業補償
  • 逸失利益(後遺障害認定に伴う金銭補償)

交通事故の治療費は交通事故保険の適用となるという認識はほとんどの方がお持ちですが、通院毎に発生する慰謝料や事故が原因で仕事を休んだ際の休業補償については適用される認識を持っていません。



「慰謝料・休業補償は弁護士に相談をすると大幅に増額する?」

「那珂市さとう接骨院」をご利用頂く患者様より「慰謝料・休業補償は弁護士に相談をするだけで費用が増額されるって本当ですか?」といった質問をよく頂きます。答えは「その通り」です。交通事故の金銭的補償(慰謝料・休業補償)には3つの基準値があり、弁護士に相談するだけで以下③弁護士基準値で請求を行うことができます。

  • ①自賠責基準値
  • ②損害保険会社基準値
  • ③弁護士基準値

弁護士基準値は①②の基準値と比べると高額に設定されており、約1.5倍~2倍程慰謝料や休業補償が増額される為、弁護士に相談をすると金銭的補償は増額されることは間違いありません。



【結論】交通事故の怪我で弁護士に相談する3つのメリット

交通事故の怪我で弁護士に相談をするメリットは3つあります。

  • ①損害保険会社とのやり取りを仲介してくれる
  • ②慰謝料額・休業補償額が大幅に増額される
  • ③特約を利用して無料で相談できる(弁護士特約の加入必須)

交通事故の怪我でご利用頂いた患者様の約9割以上は相手方(加害者)の損害保険会社と揉め事が発生します。例を挙げますと「軽微な事故なので保険は使えない(サイドミラーが損傷した等)」「あと1ヵ月で治療を終了してください」「整骨院への通院は認めない」等、通院をできるだけ短い期間で終わらせるよう損害保険会社から催促の連絡が多々入ることが主な要因です。仕事や日常生活でただでさえ忙しくされている方は弁護士に相談をして頂くだけで損害保険会社とのやり取りをすべて代行してくれます。

弁護士の相談は「特約制度」を利用して「無料で利用することが可能」です。交通事故の任意保険(オプション)に自動で弁護士特約を付帯させているケースが大変多く、弁護士への相談は無料で利用できるケースが一般的です。



【まとめ】交通事故の被害に遭遇しないことが大切

第一に交通事故の被害に遭遇しないことが最も大切です。万が一交通事故の被害に遭遇してしまった際には「那珂市さとう接骨院」は交通事故の怪我におけるプロフェッショナルでありますので是非ご相談下さい。また、当院をご利用頂いている患者様には交通事故を専門で扱う弁護士事務所の紹介等もさせて頂いております。交通事故保険を適用する際は治療&保障をしっかり受けることが、より早い社会復帰に繋がると当院は考えております。