初めての方へ
TEL

野球のケガを早期に改善 | さとう接骨院|那珂市・ひたちなか市・水戸市

Blog記事一覧 > 野球肩・野球肘 | 那珂市・ひたちなか市・水戸市 さとう接骨院の記事一覧

野球のケガを早期に改善

2024.02.27 | Category: 野球肩・野球肘

野球のケガを早期に改善



さとう接骨院です。
本日のブログでは野球肩と野球肘の症状と対策について詳しく解説をしていきます。

野球肩とは?




野球肩(やきゅうかた)とは、野球などのスポーツにおいて投球動作を繰り返すことで発症する肩の障害や疲労症状のことを指します。投手や外野手が特に発症しやすいとされます。

野球肩の症状には、肩の痛みや違和感、肩関節の可動域の制限、力が入りづらい、球速や制球力の低下などがあります。これは、投球動作によって肩関節や周囲の筋肉、靭帯、腱などに負担がかかり、過剰な使用や正しいフォームの欠如によって引き起こされることが多いです。

適切なストレッチやエクササイズ、投球フォームの改善、十分なリカバリーの確保などが、野球肩の予防や対処に役立ちます。また、適切なトレーニングや医療のアドバイスを受けることが重要です。

野球肘とは?




野球肘(やきゅうひじ)は、野球などの投球スポーツにおいて発生する肘の障害や疲労症状のことを指します。特に投手がよく発症しますが、野手でも発生することがあります。

野球肘の代表的な症状は、内側(尺骨側)の肘の痛みや腫れ、疲労感、肘の動きの制限などです。これは、投球動作によって肘に大きな負担がかかり、肘関節内の靭帯や軟骨、骨などが損傷を受けることによって引き起こされます。

野球肘の主な原因は、投球時に肘にかかるストレスが過剰であったり、正しいフォームやトレーニングが不足していたりすることです。特に若い投手では、まだ成長途中の骨や筋肉が未発達であるため、このような障害が発生しやすいとされています。

適切な投球フォームの習得やトレーニング、投球量の管理、十分なリカバリーの確保などが、野球肘の予防や対処に役立ちます。また、発症した場合は早めに医師の診断を受け、適切な治療やリハビリを行うことが重要です。

野球肘、野球肩はどのような動作で痛むのか?

野球肘

・投球時に肘を振り下ろす際の内側(尺骨側)の肘の痛み
・ストレート球やカーブボールなどの特定の球種を投げる際に痛みが増す
・肘を曲げた状態での負担が大きく、変化球や速球を投げる際に痛みが生じることが多い
・投球後に肘を伸ばす動作や肘を押し出す動作で痛みが生じることがある

野球肩

・投球時に肩を振り回す際の肩関節周囲の痛みや不快感
・肩を振る動作やボールを投げる際に、肩の動きが制限される感覚
・ボールを投げるときやキャッチングするときに肩の前部や上部に痛みが生じる
・投球後に肩の可動域が制限されることがあり、肩を上げたり回したりすると痛みが増す

野球肩、野球肘の改善と予防



野球肩と野球肘の改善と予防には、以下のような方法が効果的です。

野球肩の改善と予防

適切なウォームアップとストレッチ

ゲームや練習前に、肩の周りの筋肉や関節を十分に温め、ストレッチを行うことで柔軟性を高め、怪我のリスクを減らします。

投球フォームの改善

正しい投球フォームを維持することで、肩への負担を軽減し、野球肩を予防します。コーチや専門家の指導を受けましょう。

投球量の管理

過度な投球量は野球肩を引き起こす可能性があります。特に若い選手は、投球の量を管理し、必要な休息を取ることが重要です。

全身のトレーニング

上半身だけでなく、下半身や体幹の筋力も重要です。全身のバランスを整えるトレーニングを行いましょう。

休息とリカバリー

疲労や過度の負荷を感じた場合は、十分な休息を取り、リカバリーを重視しましょう。マッサージやストレッチ、アイシングなどを行います。

野球肘の改善と予防

投球フォームの見直し

正しい投球フォームを習得し、肘に負担がかかりすぎないようにします。

投球量の管理

適切な投球量を守り、過度な投球を避けます。特に若い投手は投球量の制限が重要です。

トレーニングと筋力強化

肘周りの筋肉を強化し、安定性を高めるトレーニングを行います。特に肘の周りの筋肉や前腕の筋肉を重点的にトレーニングします。

休息とリカバリー

投球後には十分な休息とリカバリーを取ります。肘に痛みや違和感を感じた場合は、早めに休息し、専門家の診断を受けます。

定期的なチェック

定期的に医師やスポーツトレーナーによるチェックを受け、早期に問題を発見し対処します。

当院での野球肩、野球肘の治療法について




野球肩や野球肘は重篤な状態に進行する可能性もありますので、症状が出た場合には適切な専門家の診断と治療を受けることが重要です。当院でも野球肩、野球肘の専門治療を提供しております。当院では最新の医療機器を用いた早期症状改善をモットーにしております。痛めた筋肉の回復力を極限に高め、痛みを根本から改善していきます。痛みが改善されずお困りの方は当院にご相談下さい。

野球肩・野球肘の症状改善はさとう接骨院にお任せください。

2023.09.29 | Category: 野球肩・野球肘


那珂市・ひたちなか市で野球肩・野球肘の症状でお悩みの方へ

笹川スポーツ財団が実施する「スポーツ活動に関する全国調査」により、日本人が最も行っているスポーツは『ジョギング・ランニング』になり、人口は1,055万人となります。『散歩・ウォーキング人口』は4,913万人と約20年間で倍増しています。日本における4大人気スポーツであるサッカーは人口309万人、野球は人口268万人、バスケットボールは人口237万人、バレーボールは人口217万人となっております。本日のブログでは野球選手が抱えている「野球肩・野球肘」についてブログを投稿していきます。

野球肩・野球肘とは?


野球肩野球肘

野球肩・野球肘とは言葉の通り、投球動作で肩や肘が痛む症状のことを指します。MLBで大活躍している大谷翔平選手も肘の靭帯を損傷していますが、投球動作が多いピッチャーに多い症状になります。以下のような動作で痛みを感じる場合は野球肩・野球肘の症状を患っている可能性があります。

  • 肩が痛くて投球動作ができない
  • 肩から背中にかけて張りを感じる
  • ドアノブを捻るだけでも肘が痛い
  • 肩や肘が痛くて重たい荷物を持てない
  • 指先がしびれている
  • 親指、人差し指の感覚が薄れている
  • 投球速度が落ちている
  • etc…

野球肩・野球肘をほったらかしにすると選手生命が赤信号


野球肩や野球肘はしっかり専門治療を受けることが大切

野球肩・野球肘の症状をほったらかしにすると選手生命が赤信号となることは間違いありません。特に青年期は「ケガをしないように予防する」という概念が薄れているので「練習後に肩を冷やさない」「肩のストレッチをしない」等の要因でどんどん肩や肘に疲労が溜まっていきます。痛みが出ても投げ続けることが多いので「痛みが悪化してから医療機関を利用する」ケースがほとんどです。大切なことは少しでも違和感を感じたら専門院に相談することを推奨します。

当院では野球肩・野球肘の早期改善を得意としております


野球肩・野球肘の専門治療

当院では野球肩・野球肘の症状を早期に改善するために最新電気治療と整体治療を組み合わせた施術法を提供しております。肩や肘に痛みが出る一番の原因は筋肉の使い過ぎです。わかりやすくお伝えすると筋肉が緊張している状態です。この緊張を緩和させることが肩や肘の関節・靭帯への負担を軽減する上で重要となります。
最新医療機器では人の体ではほぐせない深部の筋肉までアプローチすることで筋肉の回復を早めていきます。整体治療では骨格のバランスを整えることで自然治癒力を高める施術を提供していきます。

練習・試合に参加しながら治療を受けられます



もちろん症状を悪化させないために練習・試合を休んでもらう方が痛みは治りやすいことは間違いありません。しかしながら当院では練習・試合をしながらも痛みを改善できる施術を提供しておりますのでよほど重症でなければ練習・試合に参加しながら治療を提供させていただきます。少しでも早く症状改善を図りたいとお考えの方はぜひ当院にご相談ください。