初めての方へ
TEL

脊柱管狭窄症を改善する | さとう接骨院|那珂市・ひたちなか市・水戸市

Blog記事一覧 > 脊柱管狭窄症 > 脊柱管狭窄症を改善する

脊柱管狭窄症を改善する

2024.05.05 | Category: 脊柱管狭窄症



さとう接骨院です。
本日のブログでは脊柱管狭窄症の症状と対策について詳しく解説をしていきます。

脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)は、脊柱管が狭窄(きょうさく)し、そこを通る神経や脊髄が圧迫される状態を指します。脊柱管は、脊椎の骨と椎間板で形成される管であり、脊髄や神経根が通る通路です。脊柱管狭窄症では、この脊柱管が狭くなり、通る神経構造が圧迫されることで、痛みやしびれ、筋力の低下などの症状が引き起こされます。

脊柱管狭窄症は、加齢や脊椎の変形、椎間板の変性、骨棘(こつきょく)の形成などによって引き起こされることがあります。これらの要因が脊柱管の狭窄を引き起こし、周囲の神経組織に圧迫をかけることで、症状が現れます。脊柱管狭窄症は、腰椎や頚椎などの部位で発生することがあります。



脊柱管狭窄症の主な症状について

脊柱管狭窄症の主な症状を以下にまとめます。

  • 腰や首、背中の痛み:特に活動時に痛みが強くなることがあります。
  • 下肢や上肢のしびれや感覚異常:神経の圧迫によって起こります。
  • 足のしびれや弱さ:特に歩行時や立ち上がるときに現れます。
  • 歩行困難:足の感覚や筋力の低下によって引き起こされます。
  • 脚の痛みや痺れ:特に下半身に痛みや痺れが生じます。
  • 腰や首の硬直感:動作範囲が制限されることがあります。
  • 立ち上がりや歩行に困難を感じること:脊柱管狭窄症が進行すると、これらの動作が困難になることがあります。
  • 尿失禁や便失禁:神経圧迫によって排泄機能が影響を受けることがあります。
  • 性機能の低下:脊髄神経の圧迫によって性機能に問題が生じることがあります。
  • これらの症状は個々の症例によって異なり、進行具合や症状の程度によっても異なります。早期の診断と適切な治療が重要です。



    脊柱管狭窄症の予防と対策について



      脊柱管狭窄症の予防や対策には以下のようなものがあります。

    • 適切な姿勢の維持:正しい姿勢を保つことで、脊柱や関節への負担を軽減し、狭窄のリスクを減らすことができます。長時間の座位や立位の場合、姿勢を変えることが大切です。
    • 適度な運動:筋力トレーニングや柔軟性向上のための運動を行うことで、脊柱や関節の強度を維持し、狭窄のリスクを減らすことができます。ただし、脊椎への負荷が大きい運動は慎重に行う必要があります。
    • 体重管理:過体重や肥満は脊柱や関節に余分な負担をかけるため、体重を適切に管理することが重要です。健康的な食事と運動を組み合わせて体重をコントロールしましょう。
    • 適切なリフティングテクニックの使用:物を持ち上げる際には、脊柱に負荷をかけないようなリフティングテクニックを使用することが重要です。両手を使い、脊柱をまっすぐに保ち、脚を使って力を入れるようにしましょう。
    • 休息とストレッチ:長時間の同じ姿勢を続けないようにし、定期的に休息とストレッチを取ることで筋肉の疲労を軽減し、脊柱の負担を減らすことができます。
    • 喫煙の避ける:喫煙は椎間板の血液循環を悪化させ、椎間板の変性を促進することが知られています。喫煙者は脊柱管狭窄症のリスクが高まる可能性があるため、禁煙を心がけることが重要です。
    • これらの予防策や対策は、脊柱管狭窄症の発症や進行を防ぐために役立ちます。また、定期的な医師の診断や健康管理も重要です。

    当院では最新の医療機器を用いた脊柱管狭窄症の症状改善を得意としております。少しでも気になる症状がございましたら是非当院にご相談下さい。