紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

シンスプリント | さとう接骨院|那珂市・ひたちなか市・水戸市

シンスプリント(疲労骨折)

シンスプリントからの早期回復を望むなら那珂市菅谷のさとう接骨院へ

那珂市菅谷のさとう接骨院では、スポーツをされている学生さんに起こりやすいシンスプリントというスポーツ障害について専門的な治療が出来ます。

シンスプリントというスポーツ障害は、スポーツをされている成長期の学生さんに起こりやすい症状です。ランニングやダッシュ、ジャンプ動作など激しい動きを繰り返しおこなうことによって、ストレスがかかってしまい脛周辺に痛みを引き起こします。
整形外科などの病院に行っても、シップや痛み止めの処方、さらには患部への電気治療などだけで終わってしまい、スポーツを中止して安静にするようにという指導をされることがほとんどです。
もちろん、無理をせずに安静にするということは大切ではありますが、現在起こっている痛みを素早く取り除くのであれば那珂市菅谷のさとう接骨院での治療が効果的です。

痛みの程度や、原因など、患者様ごとに異なりますので、那珂市菅谷のさとう接骨院では患者様お一人お一人に合わせたシンスプリント治療をおこなっております。早く今まで通りスポーツが出来るように、是非当院の専門家にお任せください。
患部だけではなく、全身のゆがみを取り除いて一部分にばかり負担がかからないようにしていくという施術もとても大切です。
さらに、ご自身でも出来るケアや、普段の生活での注意するポイントなどについても指導していき、シンスプリントから早期回復を目指すことが出来ます。

メディア掲載実績

交通事故書籍
スポーツ書籍
メディア掲載

シンスプリント(疲労骨折)は早期治療が必要です。

ご挨拶

院長 佐藤 道雄

■スポーツ整形外科専門医の下で10年間の病院勤務
■フットサル関東リーグで6年間トレーナー活動
■サポートさせて頂いているジュニアサッカースクールが全国大会優勝
■フットサル日本代表、Fリーグ2011・2012シーズン得点王の森岡薫選手と元チームメイト
■高校時代にアルペンスキーで国体、インターハイ出場

シンスプリント(疲労骨折)でお悩みの方は那珂市のさとう接骨院にご相談ください。シンスプリントはサッカー選手や陸上選手に大変多い症状でいわば足の疲労骨折になります。疲労骨折といっても痛み止めを飲んで静養していても症状が落ち着くことはなく再発するケースがほとんどです。当院では再発を徹底して予防することを心がけており、スポーツトレーナーなどの経験も活かし、より早い症状改善をお約束します。まずは初回の治療を受けて頂けると痛みが大きく軽減しますのでお気軽にご相談頂けますと幸いです。

初めての方へ
料金表