TEL

ランナー膝(腸脛靭帯炎) | さとう接骨院|那珂市・ひたちなか市・水戸市

ランナー膝(腸脛靭帯炎)

当院だけの6つの特徴

スポーツ障害が得意
スポーツ障害が得意
日本一早くスポーツ障害が改善する接骨院を目標に数多くの選手のケガを行っております。
オスグット(成長痛)専門
オスグット(成長痛)専門
サッカー選手に多い成長痛のオスグット治療は初回の施術で痛みを改善できます。
夜21時迄営業
夜21時迄営業
那珂市で夜21時迄営業している接骨院はわずかであります。
お気軽にご相談下さい。
サッカートレーナー15年
サッカートレーナー15年
サッカーのトレーナー活動を15年以上続けておりますのでスポーツのケガはお任せ下さい。
ヘルニア・脊柱管狭窄症
ヘルニア・脊柱管狭窄症
ヘルニア・脊柱管狭窄症と診断された方でも痛みを軽減することが可能です。
まずはご相談ください。
交通事故のむち打ちに強い
交通事故のむち打ちに強い
スポーツで多いむち打ちの症例をたくさんみてきた経験から事故のむち打ちの改善も自信があります。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)について

ランニングをする際に膝が痛くてお困りの方はランナー膝(腸脛靭帯炎)を疑ってください。当院ではランナー膝(腸脛靭帯炎)の症状改善を得意としており、現在でも多くのスポーツ選手もサポート、トレーナー活動を行っております。ランナー膝のは特徴として再発がとてもしやすい症状です。そして多くの方が痛みを抱えながら競技(運動)を続けております。
当院ではランナー膝の特徴である筋肉の緊張をより早く解消するための最新の医療機器を導入しております。プロスポーツ選手なども愛用しておりますので短時間で筋肉の緊張を緩めるだけでなく、回復力を高めることが可能です。

メディア掲載実績

交通事故書籍
スポーツ書籍
メディア掲載

ランナー膝(腸脛靭帯炎)の改善・解消なら当院にお任せください。

ご挨拶

院長 佐藤 道雄

■スポーツ整形外科専門医の下で10年間の病院勤務
■フットサル関東リーグで6年間トレーナー活動
■サポートさせて頂いているジュニアサッカースクールが全国大会優勝
■フットサル日本代表、Fリーグ2011・2012シーズン得点王の森岡薫選手と元チームメイト
■高校時代にアルペンスキーで国体、インターハイ出場

ランナー膝(腸脛靭帯炎)は再発する方がとても多い症状です。ほったらかしにしていても痛みが改善しませんし、静養していても運動を再開すれば必ず再発するといっても過言ではないぐらい厄介な症状です。ただ当院ではランナー膝の専門治療を完備しておりますので比較的短期間で症状を緩和させることが可能です。
少しでも症状をかかられている方はぜひ当院にご相談ください。

初めての方へ
料金表